テーマ:原発

福島の原発爆発はローカルな出来事か?

▼フクイチが劇症肝炎?  経済同友会代表幹事の小林喜光は、「原発(事故)は地球儀的にいえば極めてローカルだ。劇症肝炎みたいなもので、一部が瞬間的にやられる」と述べた。  地球温暖化になぞらえ強調したものだが、よくもまあ、こんな愚かしいことを言うものだ。福島原発はローカルどころではない。水素爆発を起こした直後から全世界が、フクイチ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

「人間の心」を持たないバカ者

▼なぜ原発を狙わなかった、だと  「東洋経済」に「フランスは原発テロの悪夢にうなされている」と題する身の毛がよだつような記事があった、と投稿したところ、知能程度を疑うようなコメントが来た。  この愚か者の名誉を守るために、あえて名前は伏せるが、次のようなコメントだ。  「それにしても、なぜテロ起こした連中はフランスの原発を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

腐った東電 迎合するメディア

▼懲りない三流企業  もう聞き飽きたー。この会社は一体、何をやっているのか? 再三、指摘されながら少しも反省していない。放射能で汚れた水を垂れ流し。しかも、肝心の手順書にも部品について「なにも書いてなかった」という。あきれてものが言えない。  マスコミはズサンな東電を厳しく批判すべきだが、東電発表をそのまま載せる。「処理前の汚染…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

これは平成の神風特攻隊

▼狂気の沙汰としか思えない  水素爆発を起こした福島原発の30㌔圏内に今春、中高一貫校「ふたば未来学園」が開校した。推進したのは小泉進次郎。内部被曝は「蓄積」だ。風向きによって今も放射能が学園方向に飛散してくる。焼けただれた原子炉の放射能放出が続いているからである。  同じ30㌔圏内のJヴィレッジを東京五輪のキャンプ地にする話が…
トラックバック:7
コメント:0

続きを読むread more

こんなものは要らない!

▼即刻廃止すべきだ  ちょっと伺いますが、あなたの年収はいくらですか? 「5500万円」と言えば、年収の何年分に該当しますか?   そんな大金を来る日も、来る日も、浪費している。福井県敦賀市にある高速増殖原型炉「もんじゅ」のことである。  使用済み核燃料を再利用して、発電すればするほど燃料が増えていく-。そんな“夢の原子炉…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

原発マネーがじゃぶじゃぶ

▼再稼働、カネの前で「ハイどうぞ」  全額自治体が出資すべき原子力広報センターに原発マネーがじゃぶじゃぶ注がれていた。これでは再稼働への同意にも「ハイどうぞ」となるわいな。四国電力伊方原発は再稼働の準備に忙しい。  東京新聞によると、「現場でセンターの展示を見ると、東京電力福島第一原発事故には全く触れていない一方で、原発全般の安…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

放射能汚染物のコンビニ投棄

▼責任は東電の「ずさんな管理」に  原発の除染作業で使ったマスクや手袋が、福島県内のコンビニごみ箱に捨てられるケースが常態化していることが共同通信に調べで分かった。  水素爆発を起こした原発の作業現場は現在も放射能で汚染されている。厚労省は、労働安全衛生法に違反した疑いがあると騒いでいるが、問題は「ずさんな管理」にある。東電は直…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

 復興相が原発推進派で構わないのか?

▼いいのかい? 日本はこれで?  高木は原発の早期再稼働を促す自民党の「電力安定供給推進議員連盟」中心メンバー。敦賀市長だった高木の父親は、現職時代にこう言った。  「100年経って片輪が生まれてくるやら、50年後に生まれた子供が全部片輪になるやら、それはわかりませんよ。わかりませんけど、今の段階では(原発を)おやりになった方が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

目先のカネに踊らされるな

▼目当ては莫大な協力金  どうしてこうなんだろうね。原発を抱えた市町村は「判で押した」ように再稼働に賛成する。莫大な協力金が目当て。これで町が潤うというが、いったん、コトが起きたら地域はイチコロである。  瞬時にして死ぬならまだしも、死にきれない場合は放射能に侵されて、人生そのものが破壊され尽くす。どうしてそれが分からないのだろ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

置き去りにされた被災地

▼置き去りにされた被災地  「なぜ、東京で五輪をやる必要があるのか」との問い合わせがあった。答えは簡単。安倍内閣の周辺に巣食う大手ゼネコンなどの”利権屋”が甘い汁をすうためだ。  公共事業で潤うのはいつもこんな輩。おかげで被災地の復旧は足踏みしたまま進まない。それどころか、セメントなどの資材は高騰。大工や鉄筋工などは東京に吸い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

福島だけでなく東京も大変だ!

▼福島だけでなく東京も大変だ!  政府も東電もマスコミも真実を伝えない。その場しのぎのでたらめを公表する。本当のことを知って市民がパニックになるのを恐れる。しかし、真実を伝えることの方がもっと大事だ。それによって人は対応を考えるからである。広瀬隆の近著「東京が壊滅する日」に関するアマゾンの解説に恐ろしいことが書いてあった。本当だろうか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

最大野党をつぶしたマスコミ

フェイスブックのやり取り。 「A」が、私のコメントです。 ▼社民党がここまで落ち込んだ理由は何なんでしょう? A 一番の責任はマスコミ。日本社会党時代に「二本社会党」、「何でも反対の社会党」などと路線対立を誇張し、揶揄しておとしめた。マスコミが時の権力に迎合し、社会党をつぶした。  その後、社民党と党名を変えたが、一度…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大変な情報が飛び込んだ!!

知人から大変なニュースが飛び込んだ。コメントなしに以下、全文をそのまま転載する。     7月26日午後8時31分発信。 ***************** たまりかねた村田光平・元スイス大使が、命を懸けて世界に情報発信したようです!下の手紙は元スイス大使が菅官房長官と舛添都知事に宛てた手紙である。 フクイチ(福島第一原発…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

原発利権に群がる輩 1

▼再稼働推進の安倍政権  あの、原子力ムラの輩がまたぞろ蠢き出した。巨大地震が首都圏を襲う可能性が高いと言われる中、安倍政府は原発の再稼働を進める考えだ。「福島」を忘れたのか。原発の水素爆発がなければ、東北の復興はもっと進んだハズだ。あの爆発が福島だけでなく、宮城や岩手、青森などすべての被災地の再建の足を引っ張っている。  地元…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

原発利権に群がる輩 2

▼ムラは推進派の互助会  電力会社は「使える」と言って、彼らに億単位の“研究費”を寄付する。そのお返しに御用センセイたちは、「日本は世界一の原発技術と安全基準を持っている。コストも安い」とPRに汗を流す。  将来の天下り先の一つである電力会社と一体となった経済産業省は、政府関係の各種委員会の役員に東大の御用センセイ方を充てる。こ…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

首都圏を巨大地震が襲ったら  2

▼有毒ガスへの対策は?  こうなれば消防も警察も手の打ちようがない。茨城や静岡の海岸に設置した原発はどうなる?「想定外」では済まない。巨大地震で福島同様、炉心溶解が起きたら放射能拡散の恐れがある。  まだある。千葉から東京にかけた京葉工業地帯。横浜から東京にまたがる京浜工業地帯。東京湾沿いに石油化学工場がいくつある?無数の有毒ガ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

突然、ブログが止められた

▼運営会社が公開を中断  1か月半ぶりに当ブログ「半歩前へ」が復活した。4月15日に原発に関する書籍を紹介した記事を掲載した。翌日、ブログを更新しようとしたところ、突然、接続不能となった。ブログの運営会社が公開を中断。当人にひと言の連絡もなしに、一方的にストップするのは許せない。  理由を聞こうとしたが、プロバイダの「ウェブリブ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

とんだ目に遭うことに

▼原発はまだ安いだって  原発と言うと、「またか」という顔をする。そんなことを言ったって、かかる費用はアナタの懐から出すんだよ。知ってる? 「忘れてた」じゃあ困るよ。しっかりしないと、後でとんだ目に遭うことになる。  安倍政府は、どこまで国民をコケにすれば済むのか。経済産業省は15年先の発電コストの試算で、原発は1ԛ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本メディアは伝えない

▼福島第二も危なかった  衝撃の書が発売された。「日本政府が3500万人の住民を、東京から避難させる計画を立てていたころ、福島第一原発から数キロ離れた福島第二原発の4つの原子炉をはじめとする、他の原子炉も危険にさらされていたー。  「終わりなき危機  日本のメディアが伝えない、世界の科学者による福島原発事故研究報告書」(ヘレン・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

やっぱり怖―よ、すごく

▼復興など夢のまた夢  忌まわしい”福島原発”から4年が経った。春が来て、冬が通り過ぎて行ったように、日本人の多くは「3・11」を遠い過去の出来事と思っている。巨大地震と津波、原発の放射能に襲われた地域を自分の目で確かめるがいい。復興など夢のまた夢、絵空事。原発の恐ろしさ、放射能の怖さが分かろうというものだ。  世界中を震撼させ…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

この国はやっぱりおかしい

▼倉本の福島への思い  毎日新聞の13日付け夕刊に脚本家・倉本聰の話が載っていた。4年経った今でも原発震災に苦しむ福島を題材にした演劇を全国で上演。2月からは福島でも公演し、たくさんの被災者が観劇した。福島と原発に対する倉本の思いをつづった記事(抜粋)を紹介する。(小見出しはブログ筆者) ***************** …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

偽りやめ、本音で話そう

▼誤魔化しはやめろ  放射能廃棄物について「廃棄物は福島県内で処理すべきだ」と言った栃木県・塩谷町長の発言を支持したい。  原発が水素爆発を起こし、現在も高濃度の放射能で汚染されている地域は、半永久的に人が住めない。それを除染だ、なんだと偽って福島の住民を騙し続ける。誤魔化しはやめるべきだ。政府のパフォーマンスはもうたくさんだ。…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

「町が死んでる」と絶句

▼死の街、死の山、死の谷  「町が死んでる」―。双葉や浪江など福島の原発被災地域を目の当りにしたAが驚嘆の声を上げた。原発推進派だった彼は、「この光景を見たら(再稼働に)とても賛成する気にはなれない」と言った。そして続けた。「人っ子1人歩いていない。死の街、死の山、死の谷だ」。理屈は要らない。自分の目で現場を見ることだ。百聞は一見にし…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

日本を消し去るつもりか

▼危険に囲まれた川内原発  御嶽山の噴火は収まる気配がない。直径2メートルを超える岩石が頭上に降ってきたという。自然災害は、人間の想定などいとも簡単に乗り越える。心配なのは火山群に囲まれた九州電力の川内原発だ。  大噴火が起きたらどうなるか。火山灰が原発内に入り、電源がすべて喪失すれば福島の二の舞だ。過去には、現在の原発敷地内ま…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

どっちが罪深い?

▼読売、産経は罪深い  朝日が“慰安婦誤報”で記事取り消しが遅れたのは問題だ。だが読売、産経が偉そうに朝日を批判する権利はどこにもない。朝日が断罪されて当然というなら、世界史に汚名を残した”事件”での読売、産経の罪はもっと重い。問題のすり替えを許してはならない。  読売新聞の社主だった正力松太郎は、日本に原発を導入した張本人。そ…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

本当に恐ろしい話

▼核爆発を起こした!  ジージーゼミがにぎやかに鳴いている。網戸越しに届く風はいつもより涼しい。昼飯を食べ、腹いっぱいになったせいか、急に眠気が襲った。ドドーン・・・地鳴りのようなものすごい音と同時に、部屋が揺れた。恐れていた巨大地震が来たか、と思った。だが、揺れは一瞬。  その時、遠くから「核爆発が起きた!」との声が耳に入った…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

チャンス生かさず

▼世界的に値崩れLNG  財務省は2014年上半期の貿易収支は7兆5983億円と、半期では過去最大の赤字と発表した。マスコミは「原発ゼロに伴う燃料輸入の増加が主因」(産経新聞)と解説。しかし、液化天然ガス(LNG)の輸入価格については、どこの新聞も触れていない。LNG価格は、世界的に値崩れしているというのに、である。  LNGに…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

数百万人の人生破壊  2

▼日本に原発は危険過ぎる  「地震国の日本に、原発は危険過ぎて向いていない」と原発業者の米GE(ゼネラルエレクトリック)社の技術責任者は当初から反対していた。それを田中角栄や元読売新聞社主の正力松太郎らが強引に建設を主張。「技術者としての良心が許さない」と最後まで反対したGEの責任者は解雇された。  そんな危険で、地震国日本に適…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

数百万人の人生破壊 1

▼原発が横取り、ガブ飲み  こんな無茶なことがまかり通っていいのだろうか。大多数の国民の声を無視して安倍政権は11日、原発再稼働へ向けた「エネルギー基本計画」を決めた。東電原発の水素爆発で福島のみならず、数百万人の人生が破壊された。地震と津波だけなら東北の復興はもっと先に進んでいたはずだ。すべて原発のせいだ。復興に回せる資金まで、東電…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

復興に名借りた予算泥棒

▼フリーの特ダネだった  NHKが先鞭をつけたと思っていた復興予算の流用報道は、フリーランサーの特ダネだった。福場ひとみは、NHKより1カ月以上も前に、復興予算を霞が関の庁舎改修や原子力研究費に流用していることを突き止め記事にした。大手マスコミは、こぞって「後追い記事」を書いたのである。情けない。(敬称略、小見出しは当方で付加) …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more