テーマ:安保

日本を破滅に導く安倍晋三の野望

▼改憲は祖父、岸信介の夢  A級戦犯の烙印を押された祖父、岸信介に対する汚名返上と、未達に終わった「祖父の思い」を実現するのが私の願望だ。こうした私怨から、国家を間違った方向へ持って行こうとする安倍晋三。   そんな安倍自民党を結果的に、有権者は選んでしまった。多くが投票に行かず、有権者の6人に1人しか票を入れなかった自民党が、…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

「思いやり予算」は増額だった

▼社会保障費を削りながら  在日米軍に対する「思いやり予算」。今回、交渉が始まった当初、日本は米国に大幅減額を求めた。ところが、米側にうまく丸め込まれ、結果は増額。私たち国民の社会保障費を数千億円単位で削りながらこのザマだ。  しかも、「思いやり予算」の使い道がメチャクチャなのだ。日刊ゲンダイの怒りのレポートを報告する。(ただし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「米国が日本を守る」は幻想だ 1

▼衝撃、「仮面の日米同盟」  「米国が日本を守ってくれる」は幻想だと、米国事情に詳しいジャーナリスト、春名幹男(元共同通信記者)が日米同盟の真相を暴露している。膨大な資料や文献をもとにまとめたのが衝撃の書、「仮面の日米同盟」(文春新書)である。  日刊ゲンダイが春名にインタビューした記事がある。驚きの事実が綴ってある。長文なので…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「米国が日本を守る」は幻想だ 2

▼駐留目的は日本防衛にあらず    実は(春名は)、長年の取材、研究を通じて、日米安保条約の真相を物語る幾つかの機密文書を発見した。一つは1971年、アレクシス・ジョンソン国務次官が一時的に、長官代行としてニクソン大統領に提出したメモ。そこにはハッキリ、こう書いてあった。   「在日米軍は日本本土を防衛するために日本に駐留してい…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more