「人の不幸は大好きサ」のNHK放送に驚いた

▼今でも外の車で寝る子供
 「人の不幸は大好きサ 人の不幸は大好きサ あいつが・・・ 」-。今朝6時過ぎ、朝食を食べながらラジオを聞いていたらいきなりこんな歌が聞こえてきた。「何だ、これは」と、いやな気分になった。

 NHKラジオ第一である。なんだか知らないが、パンクロックだそうだ。このところNHKはおかしな放送をしているが、この時期に「人の不幸は大好きサ」はないだろう。

 直前の6時のニュースでは熊本地震の様子を伝えていたではないか。今朝も「震度3の地震があった」、と言ったではないか。

 別にケチを付ける気はないが、これはいただけない。トーク番組のあいの間の1曲にしても、TPOを考えるべきだ。被災地では揺れが続いている。子どもが自宅で寝るのを怖がって、今でも外の車の中で夜を過ごす、とニュースで放送していた。

 だったら、なおさら放送への「配慮」が必要ではないか。パンクロックだから、そう硬いことを言うなと思う向きもあろうが、ここは考えてほしかった。放送を聞いていて気分が良くなかった。

"「人の不幸は大好きサ」のNHK放送に驚いた" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント