九電の発表を伝えるのがNHKの仕事

▼NHK会長の籾井が直接指示
 NHK会長の籾井勝人は、熊本地震に絡む原発報道について、九州電力などが出す「公式発表を伝えるべきだ。いろいろある専門家の見解を伝えても、いたずらに不安をかき立てる」とNHKで指示していた。

 籾井は26日の衆院総務委員会でも同様の見解を重ねて示した。野党の質問に、「事実に基づき、われわれがいろんなコメントを加味せずに伝えていく」と、公式発表をそのまま報じるべきだと強調した。

 そして、「公式発表」とは、原子力規制委員会や九州電力などが出す情報をあげた。具体的には「規制委が安全ということであれば、それをそのまま伝えていくということだ」と説明した。

 異なことを言う。特定組織や電力会社のいうことをそのまま伝えるのは「報道」とは言わない。「広報」「宣伝」という。「報道」と「広報」の違いが分からないような人物が公共放送の頂点にいるのはどう考えてもオカシイ。

 元々、籾井は商社に努めていたアキンドだ。右から仕入れた品を左に売りつけて、利ザヤを稼ぐのが仕事だった。だから、「報道」など全くの素人。街のオヤジと同じだ。ただ、安倍晋三の名を受けてNHKに送り込まれただけ。

 タダの使い走りと言っていい。だから政府が白と言ったら黒とは言えない、などと意味不明の“解説”を披露するのである。

 朝日新聞によると、上智大教授の音好宏は「東日本大震災の際、福島中央テレビが東電福島第一原発の水素爆発を天気カメラで撮影。その映像を報じた。同様のことが起こっても、NHKは政府などの公式見解が出るまで映像を流してはいけないことになる。それはNHKの編集権の放棄であり、報道機関としての自殺行為ではないか」と指摘する。

 第2次安倍内閣になってからのNHKはひどいものだ。何から何まで「安倍総理大臣は」で始まる。聞いている方が息苦しくなるほど繰り返す。私は北朝鮮を訪問したことがあるがあの時と同じ感じだ。

 希望もしていないのに半ば強制的に連れていかれる。「この地下鉄はわれらが偉大な首領様…」「この橋はわれらが敬愛する・・・」。とにかく石ころ一つまで、この調子だった。今のNHKとどこが違う。日本はいつの間に北朝鮮化したのか?

 籾井は、安倍晋三に迎合することがNHKの務めと信じているようだが、これこそが「報道機関の自殺行為」に他ならない。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

驚いた

この記事へのコメント

通りすがり
2016年04月30日 09:41
一言で報道と言っていますが、TV放送は「放送法」があります。
映像を放送するなということは無いでしょう?ただ、はっきり確定していないことを想像でコメントしたり、惑わせるだけの報道は放送してはいけない!。
映像は事実としてただ放送すればいい。
学者の意見、それも想像など百害あって一利無し!。

この記事へのトラックバック