被災者用の旅館やホテルが空いているよ!

▼知らないので拡散してもらいたい
 政府が熊本地震の被災者向けに無料の宿泊施設として確保したホテルや旅館、フェリーの利用者が少ない。被災者のみなさんが知らないのだ。このブログを観た人はシェアして、多くの人に知らせて欲しい。

 余震を恐れて車で寝泊まりする被災者が多く、エコノミークラス症候群で病院に搬送される人も増えている。幼い子供を抱えている母親や高齢者は宿泊施設を大いに利用すべきだ。

●熊本県内の旅館やホテル。
希望者は市町村に連絡すれば、県がホテルなどを割り振る。介助者も一緒に宿泊できる。1500人までOKだ。

●フェリー
国土交通省が、大型フェリーなど計4隻のフェリーを活用。
約2000人の被災者を受け入れることが出来る。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック