民主党は連合の「虚構」に惑わされるな!

▼幽霊組織の連合を吹き飛ばせ!
 夏の参院選に向け、連合長野は16日、民主党新人の支持拡大に向けた野党協力をめぐり、「共産党とテーブルを共にすることは一切ない」と述べた。その理由として連合本部の考えを挙げた。

 連合会長の神津里季生は、「連合は基本的に共産党の考え方とは相いれない」と繰り返している。野党共闘の「最大のがんは連合」である。民主党は連合から支援を受けているので気兼ねしている。だが、民主党が恐れるほど連合に力はない。

 労働貴族に成り下がった組織に働く者の信頼はない。だから労働者の最大の祭典であるメーデーにしても、参加者は総評時代の10分の1にも満たない。なぜか?労働者を守ってくれないからだ。今の労組は会社と一体になって首切りに同意する。

 困ったことが起きて、組合に駆け込んでも知らん顔だ。組合離れが起きるのは当然である。岸内閣打倒の安保闘争では総評が先頭に立って反対した。労組は常に市民の側に立っていた。

 それに比べ連合はどうか? SEALDsの呼びかけで沸き起こった昨年の戦争法反対運動にも冷淡だった。傍観者に徹していた。八王子市長選では、市民が推す政治学者の五十嵐仁と共闘どころか、自公推薦の候補に相乗りした。これが連合の実態だ。

 口では偉そうなことを言っているが、こんな連合だから、号令をかけても組合員は動かない。過去の選挙の得票数にはっきり表れている。連合は実体がない幽霊組織だ。民主党は、こんな弱体組織に気兼ねする必要はない。

 神津ナニガシに尋ねるが、「共産党と組まないで野党がバラバラで勝てるのか?」。野党が乱立すれば共倒れ。喜ぶのは自民党だ。それとも、野党共闘にくさびを打ち込んで、安倍政権を応援しようというのか?

 実力もないくせに大口をたたく。民主党は連合の虚構に惑わされるな。安倍政権打倒するには野党共闘以外に道はない。

 今、最大のグループは有権者の40%前後を占める支持政党なしの「無党派層」だ。それを取り込め。野党共闘のうねりを作れ。そうすれば連合など吹き飛んでしまう。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック