野党のパネル持ち込みは「不許可」

▼不祥事続きで焦り気味の自民党
 スキャンダルを連発する自民党が、国会質疑での野党のパネル持ち込みを「不許可」にしている。

 戦前の立会演説会での特高の「弁士、辞めーい!」を真似ているかのような、時代錯誤の反応だ。テレビで映し出されることで、世論の批判を浴びるのを恐れての対抗策だ。

 NHKの解説でもパネルは必需品だ。教室の黒板代わりのパネルは説明の際の有効な表現方法だ。パネルがあることで見ている者の理解度も深まり、結構なことだ。

 そんな便利な道具を「ダメ」と言う自民党は、よほど焦っているらしい。

詳しくは日刊ゲンダイを参照
ここをクリック
http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/175398/1

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック