さらに年金給付を抑えると安倍

▼巨額損失の尻拭いを私たちに
 こんな理不尽な話はない。株式市場と言う名の賭場に私たちの年金資金を黙って持ち込み、丁半バクチを打ったのは誰だ? その巨額損失の尻拭いを私たちにさせようというのか? 安倍晋三、お前はどれだけ国民を痛めつけたら気が済むのか。
*********************

「年金抑制強化、18年度から 政府、今国会に法案提出」-。東京新聞。

 政府が今国会に提出する年金制度改革関連法案の全容が二十五日、分かった。将来世代が受け取る年金水準を確保するため、高齢者への給付を抑える「マクロ経済スライド」という仕組みを二〇一八年度から強化。

 年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)への合議制導入など、組織改革は一七年秋に実施。自民、公明両党の党内手続きを経て、三月上旬にも閣議決定する。

 高齢者への年金給付は物価や賃金の変動に合わせて毎年度改定される。マクロ経済スライドは、物価などの伸びよりも給付を低く抑える仕組みで、少子高齢化対策で〇四年に導入された。

 ただ物価が下がるデフレ時には、給付が低くなり過ぎないように、この仕組みを適用しないルールだ。これまでは一五年度しか実施されていない。

 改革案では、デフレ時に見送った「抑制分」を翌年度以降に繰り越し、景気回復で物価や賃金が上昇局面に転じたら、「まとめて適用する」仕組みにする。

続きはここをクリック
http://www.tokyo-np.co.jp/article/politics/list/201602/CK2016022602000130.html?ref=rank


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック