テーマ:地震

なぜか地震地図から鹿児島が消えていた

▼政府の意思を忖度したから  フェイスブックに以下のような投稿があった。メディアの地震地図から鹿児島が消えていた。なぜ、載せないのかと、この人が疑問に思い調べたところ・・・。 *********************  この2枚の写真は、(ここをクリックhttp://d.hatena.ne.jp/mzponta/touc…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

速報!! 南米エクアドルでM7・8の地震

 【リオデジャネイロ共同】米地質調査所(USGS)によると、南米エクアドルの太平洋岸で16日午後6時58分(日本時間17日午前8時58分)ごろ、マグニチュード(M)7・8の地震があった。米CNNテレビによると、同国のグラス副大統領はこの地震で少なくとも77人が死亡、約600人が負傷したと述べた。政府は一部地域に非常事態を宣言した。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

震災のどさくさ紛れに「緊急事態条項」を持ち出す その3

▼会見の質疑も“出来レース”  安倍政権は、当初、この地震を政治利用しようとしていたフシがある。「震度6強」クラスの地震が相次ぎ、人や建物の被害は時間を追って拡大していった。  日本中が「これ以上被害が広がらないでほしい」と祈るような気持の中で、首相の独裁権限を強化できる「緊急事態条項」を持ち出したというのだ。  しかも記…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

間抜けな政府代表に熊本県知事が怒鳴り返す その2

▼いい加減にしてくれよ! 安倍政権  安倍政府を代表して熊本に乗り込んだ災害担当の内閣府副大臣の松本文明という人物はとんでもない輩だった。蒲島県知事と面会するなり、「今日中に青空避難所というのは解消してくれ」と切り出したというのである。  松本ナニガシとやらのおバカさん、何しに来たのか?自分の役目が分かっていない。  あき…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

迅速どころか熊本の要請「拒否」した安倍政府

▼またも口先だけの“被災者救助、支援に万全を期す”  まったく、冗談も休み休み言ってほしい。今回の熊本大地震に対する安倍政権の対応はとてもじゃないが「迅速」と呼べるようなシロモノではない。  安倍晋三は今になって、「事は一刻を争う」などと偉そうに言っているが、当初は地元の要請をはねつけた。その結果、被害をさらに拡大させた形跡があ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

安倍政府、地震域拡大でも原発稼働

▼日本中を放射能汚染に巻き込む気か    この国の政府は狂っている。熊本、大分の三地域で「別々の地震」が同時多発的に発生するなど過去に例がない、と気象庁がわざわざ、警告している。にもかかわらず、原発を止める考えはないと言った。  九州の原発で福島のようなことが怒れば、放射能は偏西風に乗って西から東へ運ばれる。関西も首都圏も、東北…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「まっちゃん!」―。友の問いかけに返事なく・・・。

▼山鳴り、絶え間なく襲う余震  山鳴りと、絶え間なく余震が襲う中、「緊急地震速報。大地震です」と村の防災無線が叫んだー。阪神淡路大震災と同じ規模の大地震に見舞われた熊本。時間の経過とともに被害は深刻になる一方だ。  現地の様子を毎日新聞が伝えた。(要約) *********************  16日未明に再び…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

原発を止めてくれ、と宇部市の人が声挙げた

▼続発地震に放射能の恐怖実感  これだけ大きな地震の余震が度々起こると、複雑な構造の原発に何らかの影響を与えることは想像に難くない、だから原発を止めてくれ、と山口県宇部市の人が叫んでいる。続発する地震に、放射能の恐怖を実感した?  そして九州電力に川内原発を止めるようメールを送ってほしいと頼んでいる。福島は遠いが、川内原発出不測…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

震災報道でお粗末ぶりさらけ出したNHK

▼上から下まで会長の顔色うかがうNHK  ねー、日ごろから周囲ばかり気にしていると、いざという時も気が抜けたまま。案の定、ナマクラな姿をさらけ出した。以前のNHKでは考えられない失態。報道の基本を忘れ、御用テレビに成り下がった結果である。 ******************  熊本県内で震度7を観測した地震の発生を受け、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

防災放送の「大地震です」が町中にこだました

▼ジャーナリストの高瀬毅は伝えた。  昨夜から今朝にかけ、また大きな地震が続いた。長崎でも、緊急地震速報が携帯から鳴り響き、大きな揺れが続き、防災放送の「大地震です」という声が不気味に町中にこだました。  記憶しているだけで3度。眠っては起こされ、眠っては起こされ、神経が休まらないまま朝を迎えた。揺れの大きい震源域の熊本県の人た…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「異常があってからでは遅い」と川内原発の「即時停止」を要求

▼落合恵子ら作家とSEALDs  震度6強の「別々の地震」が同時多発的に発生することは過去に例がない、気象庁が驚く異常現象が九州で続いている。こうした事態を受け、「川内原発の即時停止を求める有志の会」は16日、鹿児島県の川内原発の「即時停止」を九州電力に要求した。  声を上げたのは作家の澤地久枝、落合恵子、広瀬隆、ジャーナリスト…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

放射能は嫌だ 命が一番 原発を止めろ!

▼命が一番 原発を止めろ!  九州で震度6強の地震が連続して発生した。「6強」といえば、マグニチュード(M)7・3で、阪神大震災と同じ規模だ。気象庁は熊本県熊本地方、阿蘇地方、大分県の三地域で「別々の地震」が同時多発的に発生していると強調。こうした例は過去にない、と話した。  「6強の連続」発生自体があり得なかった。地震活動期に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

地震国になぜ原発が必要なのか?

▼地震国になぜ原発が必要なのか  東日本大震災が起きて以後、部屋が揺れると、反射的に原発が頭をよぎる。日本は世界一の地震国。過去に何回も巨大地震が起きた。10万人の死者を出した関東大震災の当時と現在の一番の違いは原発の存在だ。  東日本大震災は地震と津波だけなら、もっと早く復旧がはかどっているハズ。復旧の足を引っ張ったのが東電福…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

災害ボランティア 熊本市社協は16日から受け入れ

▼震源地の益城町は21日から  熊本の県紙「熊本日日新聞」によると、熊本市社会福祉協議会は16日から、東区事務所(東区錦ヶ丘)に市災害ボランティアセンターを設け、被災家屋の片付けに協力してくれる県内の個人・団体を受け入れる。20日まで。被災者からの支援要請も受け付ける。  ボランティアは、希望者は午前8時半までに同事務所に集合…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

熊本地震 大火にならなくて本当によかった

▼地震が東京にまで響いた  私の部屋でも揺れを感じた。「来たか」と思い、足元の電気ストーブを消した。首都圏の直下型地震はいつきてもおかしくない。覚悟はできている。念のためテレビを付けた。熊本で震度7の大地震。九州の地震が東京にまで響いた。  津波の恐れはないと言うが、私が一番心配したのは火事である。地震は急に襲ってくる。対処する…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大震災をネタにデマ情報を発信

▼人の不幸をあざ笑う行為  熊本が14日夜、震度7の大震災に見舞われた。フェイスブックには肉親の安否を気遣うコメントが殺到している。そうした中で人の不幸をあざ笑うようなデマ情報を流す者がいた。人心を惑わす断じて許せない行為である。  「けさ、阿蘇山が噴火していました!」の見出しといっしょに黒煙を上げている写真。その下に次の文が続…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

驚き!!  沈下した東北沿岸が一転、隆起した

▼必見番組の案内 東北沿岸では、巨大地震で沈下していた陸地が数十センチも隆起したー。  巨大地震から5年、膨大なデータによって、地震学の“常識”をくつがえすような新たな脅威の可能性が次々と浮かび上がっている。東北沿岸では、巨大地震で沈下していた陸地が数十センチも隆起する一方、沖合の海底ではプレートの複雑な動きが捉えられ始めた。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

避難する人々を追っかける放射能の雲 1

▼壮絶な「“原発避難”7日間」  「原発の水素爆発による放射能のプルーム(雲)が、避難した町民の後を追っかけてきた」―。こう言って福島県浪江町の馬場町長は今も悔やむ。確かな情報さえあれば、こんなことにはならなかった。  今年も3・11がやってくる。5日放送のNHKドキュメンタリー「“原発避難”7日間の記録 〜福島…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

避難する人々を追っかける放射能の雲 2

▼南相馬市は陸の孤島  放射能の拡散を懸念し外に出ないで「屋内退避」するよう国の指示が出た南相馬市。3月15日以降、一切の物資が届かなくなった。桜井市長は運送業者に緊急要請を繰り返す。だが、「国交省からの指示で運べない」と業界団体から断りの返事。  屋内に留まるよう命じて起きながら、モノは届かない。南相馬市は陸の孤島と化した。こ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

あなたもいつ、被災者になるか分からない

▼五輪控え、被災者切り捨てが進行  東電の原発が爆発し、放射能汚染の恐怖から子供を連れて避難している人々への住宅援助を打ち切ると言われた。「継続して欲しい」と役所に要請に行った。被災者たちは門前払いにあった。  このところ各地で、震度4クラスの地震が頻発している。承知の通り日本列島は目下、数百年に一度の地震の活動期。日本は世界屈…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

原発利権に群がる輩 1

▼再稼働推進の安倍政権  あの、原子力ムラの輩がまたぞろ蠢き出した。巨大地震が首都圏を襲う可能性が高いと言われる中、安倍政府は原発の再稼働を進める考えだ。「福島」を忘れたのか。原発の水素爆発がなければ、東北の復興はもっと進んだハズだ。あの爆発が福島だけでなく、宮城や岩手、青森などすべての被災地の再建の足を引っ張っている。  地元…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

原発利権に群がる輩 2

▼ムラは推進派の互助会  電力会社は「使える」と言って、彼らに億単位の“研究費”を寄付する。そのお返しに御用センセイたちは、「日本は世界一の原発技術と安全基準を持っている。コストも安い」とPRに汗を流す。  将来の天下り先の一つである電力会社と一体となった経済産業省は、政府関係の各種委員会の役員に東大の御用センセイ方を充てる。こ…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

首都圏を巨大地震が襲ったら  2

▼有毒ガスへの対策は?  こうなれば消防も警察も手の打ちようがない。茨城や静岡の海岸に設置した原発はどうなる?「想定外」では済まない。巨大地震で福島同様、炉心溶解が起きたら放射能拡散の恐れがある。  まだある。千葉から東京にかけた京葉工業地帯。横浜から東京にまたがる京浜工業地帯。東京湾沿いに石油化学工場がいくつある?無数の有毒ガ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

本当に恐ろしい話

▼核爆発を起こした!  ジージーゼミがにぎやかに鳴いている。網戸越しに届く風はいつもより涼しい。昼飯を食べ、腹いっぱいになったせいか、急に眠気が襲った。ドドーン・・・地鳴りのようなものすごい音と同時に、部屋が揺れた。恐れていた巨大地震が来たか、と思った。だが、揺れは一瞬。  その時、遠くから「核爆発が起きた!」との声が耳に入った…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more