テーマ:不祥事

五輪誘致の裏金、ここでも電通が暗躍

▼JOC会長の竹田が吐露  東京五輪の招致で日本オリンピック委員会(JOC)が裏金を支払った問題で、フランスの検察当局は、贈収賄の疑いで捜査を始めた。  JOC会長の竹田恒和は16日の国会で、2億2300万円を振り込んだ「ブラック・タイディングズ」社について、「(国際陸上連盟前会長の)ラミン・ディアク氏やその親族と関係するとは知…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

巨悪はどうなった? 寝たふり決め込む甘利明

▼あっせん利得の時効は8月  豪華海外旅行、公用車での別荘通い、公金による家族正月旅行に続いて、今度は政治資金で絵画購入ときた。傲慢都知事、舛添の公私混同の追及は大いにやってもらいたい。が、忘れてもらっては困るのが甘利明の口利き疑惑だ。  NHKも読売も産経も、ここぞとばかり張り切って舛添を辞任に追い込もうと狙っている。その勢い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

森喜朗ごときが東京新聞に「圧力」とは無礼千万!

▼五輪疑惑にのほっかむりのメディア  東京五輪の誘致に絡み2億2000万円が支払われるなど五輪疑惑は底なし沼だ。ところが日本のマスコミは疑惑追及の腰が引けている。舛添疑惑でははしゃぎまわるメディアが東京五輪にはなぜ“静観”を決め込むのか?     エンブレムの盗作疑惑から、聖火台のない競技場建設まで東京五輪大会組織委員会のやること…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東京五輪の仮設競技場、整備費4倍

▼呪われた東京五輪・・・次々と  2020年東京五輪・パラリンピックで、競技会場の仮設施設の整備費が当初試算(約723億円)の4倍超の3000億円近くに膨らむ見通しであることが29日、関係者への取材で分かった。けさの日経が伝えた。  頭がまるで空っぽの森喜朗をトップにした組織委は一体、どんな試算をしたのだ? トラブル続きと言って…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

そんなに威張るな国交省、“共犯”ではないか

▼三菱自動車の燃費不正データ問題  燃費の不正データ問題を起こした三菱自動車に対し、国交相の石井啓一は、「信頼を損なった。断じて許すことはできない」と三菱自を厳しく批判した。国土交通省がそんなに威張ることはないだろう。  25年以上にわたって三菱自動車のデタラメな数値を見抜けなかったのはどこの誰だ?三菱自動車の不正を鵜呑みにして…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

週刊誌の「後追い」に躍起の新聞、テレビ

▼舛添に危機管理は任せられない  往復の飛行機はファーストクラス、宿泊先は高級ホテルのスイートルーム、年間の海外出張経費は3億5000万円也・・・。舛添要一東京都知事(67)の「豪華すぎる海外出張」へのブーイングが日に日に高まっている。  だが当の舛添氏は、4月12日から18日まで例によってファーストクラス&スイートルームでニュ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

いま問われているのは、「存在意義」だろう!

▼三菱自動車の欺瞞  25年以上にわたって人々をダマし続けていた。過去に2度まで会社の浮沈にかかわるような大事故を起こしておきながら、である。企業の社会的責任を微塵も感じさせない欠陥だらけの会社である。  事故のたびにバックのグループが庇護し、体裁を繕って来た。それほどまでして存続させる価値がどこにあるのか? 三菱自動車。こんな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

税金逃れのパナマ文書 日本関係で400人

▼法人は少なくとも270  タックスヘイブン(租税回避地)に関わる「パナマ文書」の共同通信による分析で、日本在住者や日本企業が株主や役員として記載された回避地法人が少なくとも270に上ることが26日分かった。  大手商社の丸紅、伊藤忠商事などが記載されていた。株主などに名前があった個人もコーヒー飲料大手UCCグループ代表者ら、大…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

被災地に自衛隊の迷彩服を着た不審者横行!

以下の依頼がありました。みなさん被害に遭わないよう呼びかけてください。これを拡散してください。被災地の方が見るかも知れません。(以下、原文のまま) ***************** 拡散依頼です。 1人でも多くの被災者に見てもらえるようにお願い致します。 聞くところによると、被災地で自衛隊の迷彩服を着たヤツがモ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

パナマ文書 調査せずは日本、中国、ロシアだけの疑惑

▼「資産隠し」や「税金逃れ」を見過すな  世界の政治家や経営者の「資産隠し」や「税金逃れ」が「パナマ文書によって明らかになっている。各国は調査に乗り出しているが、日本、中国、ロシアだけは、なぜか「調査しない」と決めているという。なぜだ? 疑惑は深まるばかりだ。  慶大教授の金子勝が「日刊ゲンダイ」で、金持ちだけがますます、金持ち…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

噂にたがわず、副大臣の松本文明はバカだった

▼熊本で「腹減ったー、オレにおにぎり差し入れろ!」?   熊本地震で政府の現地対策本部長を務めていた内閣府副大臣の松本文明が政府側とのテレビ会議で、「食べるものがない。これでは戦えない。おにぎりの差し入れをお願いしたい」と要求したという。  「腹減ったー、なんか食わせろ」のリクエストに熊本県選出の自民党議員4人の事務所からおにぎ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「大変タイミングのいい地震だ」と,おおさか維新

▼片山虎之助は安倍政権のシンパ   おおさか維新の会共同代表の片山虎之助は19日の両院議員懇談会で、熊本地震に関して「大変タイミングのいい地震だ」と発言した。ばからしくて、論評する気も起きない。   時事通信によると、片山は、衆院で審議中の環太平洋連携協定(TPP)承認案や24日投開票の衆院2補選、来年4月に予定される消費税率の…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

”スケープゴート”に騙されないぞ

▼地検特捜部が田母神俊雄を逮捕  東京地検特捜部が田母神俊雄を逮捕した。何をやっているんだ? 先にやるのは「口利き」の方ではないか。現職の大臣さまが、大臣室で業者が虎屋の羊羹といっしょに持ってきた現ナマを、背広のポケットにスッと仕舞い込んだと本人が認めている。  こっちはどうした? ちゃんと仕事をしています、とのアリバイ作りに田…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

開園直前に「108人」を締め出した地域住民

▼他人のことなど知るもんか!  かつて新興住宅街と言われ賑わった大都市近郊のベッドタウンが「無言の街」と化している。成人した若者が出て行き、高齢者だけが残ったからだ。閉じこもりが多いのか、歩く人もなく周辺は1日中、静まり返ったまま。  彼らが働き盛りで子育て真っ最中のころは、小さな子供の声が絶えなかった。笑い声、泣き声、兄弟げん…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

桃田、違法スロットも 追加調査で判明

▼潔くないスポーツマン  桃田は記者会見した時なぜ、言わなかったのか? すべて話していたら、将来再起の芽もあった。だが今回、発覚するまで黙っていたのはいただけない。潔くない。スポーツマンにあるまじき態度。彼はこれでオシマイだ。 *******************  共同通信によると、バドミントン男子の桃田賢斗選手らが違…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新潮と内調は以前からズブズブの関係

▼山尾追及は安倍政権の完全なヤラセ  「保育園落ちた」ブログを国会で取り上げ安倍政権を追及した民進党・山尾志桜里の“ガソリン代不正計上疑惑”が「週刊新潮」に報じられてから1週間。  山尾は代表を務める選挙区支部が2012年に計上したガソリン代が230万円にものぼり「地球5周分に相当する」などと取りざたされた。  山尾側が調…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「もし○○だったら」となぜ、思いを致さない?

▼想像する力が貧しい人間は  茨城県警の警部補、間中健一(45)が、土浦市内のホテルで15歳の少女にセックス行為を働いたとして淫行の疑いで捕まった。15歳と言えば中学生だ。自分に同じ年ごろの娘がいて、どこかのオヤジにそんな目に遭わされたら黙っておれるだろうか?   五輪での「金メダルも夢ではない」と言われたバドミントン日本代表の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

元秘書をいけにえにして幕引きか?

▼理解不能な特捜部の動き  甘利明を巡る現金授受問題で、東京地検特捜部は8日、URと、甘利側に資金を提供した建設会社、同社の元総務担当者、一色武の自宅をあっせん利得処罰法違反容疑で家宅捜索した。甘利の元公設秘書からも任意で事情を聴いて解明を進めているー。  以前、私は「地検特捜部は向ける矛先が違うのではないか」、と言った。8日の…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

転んでもタダでは起きない警察

▼パチンコ業界とは持ちつ持たれつ  全国のパチンコ・パチスロ店が5月の遊技台の入れ替えを一斉に自粛する。伊勢志摩サミットで全国の警察が警備に力を入れることから、警察の「負担軽減」に協力するのだそうだ。  パチンコ店やパチスロ店が遊技台を入れ替える際には、風営法に基づき、警察官が立ち会って営業実態を確認するのだそうだ。  …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

就活生に肉体関係を迫ったトヨタ一族の豊田理彰

▼トヨタ創始者、故豊田佐吉の兄弟の孫  トヨタ創業家一族の40代の男が就職活動の女性に採用と交換に肉体関係を迫った。この卑劣な男について朝日や毎日、読売などの新聞やNHKをはじめテレビはなぜか名前を伏せている。  なぜ、「トヨタ創業家一族で、当時、製造本部副本部長の豊田理彰、43歳」と堂々と書かない? 大広告主であるトヨタへの配…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

♪下着をあげましょワコールの♪  選挙に履いてくパンティ券

▼ユーモアのセンスに座布団一枚! 27日に投稿した「高校生未来会議は安倍応援の別動隊だった!!」について、H・Tさんが「ワサビが効いた」一文を寄せてくれた。ひな祭りの愉快な替え歌。このユーモアのセンスに座布団一枚! ******************* ♪女子高生日本会議のひな祭り(うれしいひな祭り)byジョニーH (…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

自民党、今回の新ネタは暴力「事件」

▼さて、まだまだ、続くよ、こうご期待!  ハーイ、新ネタが入荷したよ。今度は暴力騒動だ。自民党参院議員の山田俊男が18日に党本部で開かれた会合の終了後、出席した農協(JA全農)の関係者に対して暴力を振るった。  時事通信の速報を米ウォール・ストリート・ジャーナルが転電し発信した。ことほど左様に今、発覚したことは瞬時にして世界を駆…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

検察当局と私たち市民との真っ向勝負だ!!

▼甘利疑惑の徹底究明へ  甘利明を巡る現金授受問題で東京地検特捜部は、甘利側に現金を渡した千葉県白井市の建設会社の総務担当者、一色武から任意で事情聴取した。これまでに一色は甘利側が口利きを明確に認識していたと証言している。  甘利の公設秘書(辞職)は平成25年8月、建設会社側から500万円を受領。甘利も11月と、26年2月の2度…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

巫女を口説こうとしたエロ親父、その名は大西英男

▼止まらない自民党のスキャンダル  みなの衆、何とかしてくれ! しばらく収まっていたと思ったら、バカ集団の自民党がまたやらかした。大西英男が訪れた神社で巫女(みこ)から「自民はあまり好きじゃない」と言われ、「巫女のくせになんだ」と捨て台詞をはいた。  さらに、「巫女さんを誘って札幌の夜に説得をしようと思った」などと発言。エロ親父…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「偽装」で注目を集める手口に要注意

▼ゴミの中から本物を探す  「日本の報道では爆発の映像のみ報道。 海外メディアは音声入り。 爆発音は三回あり、日本では国民に音声を聞かせたくなかった事が予想される。福島第一原発三号機爆発」とのコメント付きの動画の投稿があった。  すぐに「シェア」したところ、反応が届いた。「この三回の爆発音は、後乗せの音だったはずです。ガンダーセ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

さらに2カ月療養が必要? 冗談ではない

▼診断書を出したいのは私たちだ  自民党は15日、「睡眠障害」で1カ月の療養の診断書を提出し国会を欠席している甘利明について、「さらに2カ月療養が必要」と明らかにした。冗談ではない。こっちが療養したいよ。  給料や年金は上がらないのに、消費税は上がり、介護保険も国民保険も掛け金は軒並みアップ。それでいて介護現場の職員たちは安い月…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

清原狂騒劇に市民は騙されてはならない

▼陰でほくそ笑む口利き疑惑の甘利明  昨日(17日)夜のあのバカ騒ぎは何だ。天地が割れたか? 空から小判が降って来たのか? 覚醒剤所持の清原和博が保釈されたと言ってマスコミが警視庁前に殺到した。  スポーツマスコミに芸能マスコミ。そこに社会部までが加わって押すな押すなの人だかり。取材陣の数は約500人とデイリースポーツは伝えた。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「ウナギのかば焼き」で人生はパー バカな男だ

▼万引記者は“ゲス不倫”宮崎と夜遊び仲間  白畑将一なるTBSの記者が、「うなぎのかば焼きやタイの刺し身」を万引して、逮捕されたという事件には正直びっくりした。TBSの社員は高給取りで知られている。だから驚いたのである。  テレビ局には時々、こんなのがいる。みのもんたのセガレがそうだ。次男で日本テレビ社員だった御法川雄斗は、20…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

弁護士団体が甘利明を刑事告発!!

▼検察は安倍の「飼い犬」になるな  前経済再生担当相、甘利明の金銭授受問題で、弁護士団体「社会文化法律センター」(東京)は16日、甘利と元公設第1秘書の男性に対するあっせん利得処罰法違反容疑の告発状を東京地検に出した。  これだけの事件を放置したまま一向に動こうとしない地検特捜部の尻をたたき、「催促」した形だ。果たして特捜が動く…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

連日、日本の「恥部」を世界に発信

▼いつまで続くこの醜いぬかるみ  「石破氏、法案読み違えで陳謝」―。ロイター通信など外国のメディアが共同通信からの配信を受け、日本の「恥部」を世界に発信した。私たちはいつまで、こんな低俗な政府を放っておくのか。  地方創生担当相の石破茂は15日の衆院特別委員会で、地域再生法の改正案を説明する際、「昨年成立済み」の改正内容を読み上…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more