テーマ:安倍政権

世論が盛り上がれば野党は動く

▼なぜ任命権者の「安倍さんをもっと追及しないの?」 2  マスコミは今更説明する必要がない。新聞経営は主に広告と読者の購読料で賄っている。活字離れで読者は減る一方。  頼りは広告料だが大半を電通が支配。その電通は自民党とはラブラブの関係だ。新聞が言いたいことを言うと、広告にもろに響くと言う仕掛けだ。  テレビ、ラジオは許認…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

担当大臣が、担当について「これから勉強」?

▼脳みそが空っぽの島尻安伊子  沖縄北方担当相の島尻安伊子が9日の記者会見で、北方領土の歯舞(はぼまい)が読めなった。この会見は「北方領土ネット検定」についての会見と言うではないか。あきれてものが言えない。  北海道新聞によると、彼女は北方四島の元島民らでつくる千島歯舞諸島居住者連盟(千島連盟)が主催する「北方領土ネット検定」に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

この瞬間も増え続ける「国の借金」

▼見て見ぬふりの安倍政権  「国の借金」の残高が2015年12月末時点で1044兆5904億円だったと財務省が発表した。  今年1月1日時点の総人口1億2682万人(総務省推計)で割ると、国民1人当たり約824万円の借金を抱えている計算になる。15年度末の借金残高は過去最大の1087兆3千億円に膨らむ見込みだ。  どうする…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

「政治」より「性事」が得意な宮崎謙介

▼絶倫男に頭を抱える自民党  この色事師には落語の艶笑噺も影が薄くなる。「育休議員」として注目を浴びた自民党衆院議員の宮崎健介。妻で自民党の同僚議員、金子恵美が第1子出産のため入院している最中に、京都伏見区の自宅マンションの一室に若い巨乳タレントを連れ込み、一夜をともにした。  この女性タレントは、宮崎が「正月明けの国会には着物…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

安倍内閣はサイコーだ!!

▼そろいも揃った間抜けども  よくもまあ、そろいも揃ってお粗末なのが集まったものだ。安倍内閣はサイコーだ。何も言うことはない。  総務相の高市早苗が8日に続き9日も衆院予算委員会で、テレビ局などが放送法の違反を繰り返した場合、電波法に基づき電波停止を命じる可能性に言及した。こうなると確信犯だ。この女は何様だと思っているのだろうか…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

株価の暴落続く  心配な私たちの年金資金

▼いつ下げ止まるか東京市場  株価は下げ止まらず、底なし沼にはまり込んだ状態だ。  10日午前の東京株式市場は大幅続落し、日経平均株価は前日比385円59銭安の1万5699円85銭で前場を終えた。  株価と内閣支持率が頼りの安倍内閣は、どう言い訳するのか? 私たちが一番心配しているのは年金資金だ。巨額の損失を出したのは間違…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

株価の下げは底なし  円高止まらず114円台に

▼年金資金に大穴を開けた  東京金融市場は9日、中国減速や原油安による市場の混乱が日米の実体経済に波及してきたとの懸念が強まり、円高が一時1ドル=114円台まで進行、日経平均株価は終値で前日比918円安まで急落した。  安全資産とされる国債を買う動きが強まり、長期金利は初めて0%を割り込みマイナス幅を一時0・035%まで拡大した…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

NHK見なければどの会社も就職させない

▼今の若者をたたき直せ、と元経営委  徴兵制はだめでも徴農制とかー。NHKの経営委員の元メンバー安田喜憲が、平成22年1月の経営委員会で発言した内容がネット上で炎上している。要約すると大体こんな按配だ。 ****************** 1、昔は大学の授業で学生が寝ることはなかった。今は授業中に寝ている。これは日本の大…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

何を基準に「公平」と決めるのか?  総務相の問題発言

▼総務相の高市が問題発言  ネトウヨの良き“理解者”で総務相の高市早苗は、テレビ、ラジオ局が放送法の違反を繰り返したり、政治的な公平性を欠く放送を繰り返したと判断した場合、電波法に基づき電波停止を命じる可能性に言及した。  高市は8日の衆院予算委員会で、「行政が何度要請しても、全く改善しない放送局に何の対応もしないとは約束できな…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

放射能に基準など必要ない?

▼またウミが噴き出た安倍内閣  安倍内閣は異臭を放つウミが次々噴き出す不思議な内閣だ。今度は環境相の丸川珠代がバカさ加減を披露した。「丸川」を知らない? タレント上がりの議員である。  丸川は7日、長野県松本市で開いた自民党参院議員の若林健太の集会で「“反放射能派”というと変だが、どれだけ下げても心配だという人は世の中にいる。そ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

勝負の決め手は棄権票の掘り起こし

▼まずは自分の周りの人から  前文科相の下村博文は7日、衆院の年内解散・総選挙について「(確率が)90%ぐらいはあると思って準備した方がいいのではないか」と言った。  最近、自民党関係者から総選挙絡みの発言が相次いでいる。アドバルーンをぶち上げて野党や世論の反応を見ているのだ。  来年4月には消費税率10%への引き上げ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

政治家は肥え太り、庶民はやせ細る 

▼世の中、間違っちゃーいないか?  安倍首相や閣僚ら「特別職」の国家公務員の給与やボーナスの増額が決まった。首相のボーナスは年額約12万円増える。衆参の議員たちもアップする。  議員宿舎に“愛人”の若い男性を連れ込んだ武藤貴也や、東大法学部出身でピンボケ発言の女王、片山さつき。さらには高級クラブのホステス「お持ち帰り」常習の好き…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

すべて原発再稼働に向けた「出来レース」

▼東京新聞が独自調査  原発の再稼働に向けて電力各社が原子力規制委員会に審査を申請した16原発のうち11原発で、地震の揺れを抑える「免震機能」を作らず、規模も小さくした。東京新聞の独自の調査で判明した。承知の通り、日本は地震の活動期だ。巨大地震が来たらどうするのだろう。    免震棟は、地震の余震が続いても揺れを小さく抑えることが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

仮面の日米同盟  日本の防衛は幻想だった

▼日米同盟の根底を揺さぶる衝撃の書  ジャーナリスト、春名幹男の「仮面の「仮面の日米同盟  米外交機密文書が明かす真実」が話題を呼んでいる。  在日米軍が日本を防衛してくれるなどは「幻想」に過ぎず、「幻想」を振り撒いたのは日本政府の意図的な「誤訳」にあると指摘した。日米同盟の根底を揺さぶる衝撃の書である。  米軍が日本に駐…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

オレ様は安倍晋三だ 1

▼政権批判は容赦しない  安倍政権になって報道の自由度が一気にダウンした。政権批判には容赦しない攻撃を仕掛ける空気が蔓延している。  新聞、テレビは委縮して口にチャック。これについて安倍首相は、国会答弁で質問者に、「帰りに日刊ゲンダイでも読んでみてくださいよ。これが萎縮している姿ですか」―。  盗っ人猛々しいとはこのことだ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オレ様は安倍晋三だ 2

▼典型的な詐欺師の手法  一部の特殊な例を挙げて、それが全体に当てはまるかのように丸め込むのは、典型的な詐欺師の手法だ。アベノミクスは成功していると強弁する際の常套手段 でもある。  「名目GDPが28兆円増えた」「雇用は110万人以上増えた」「有効求人倍率は23年ぶりの高い水準」「過去最高の企業収益を更新」「賃上げ は過去17…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

オレ様は安倍晋三だ 3

▼屁理屈だけは得意の安倍晋三  民主党の岡田代表に対する答弁もヒドいものだった。3日の予算委で、岡田は甘利前経済再生相の疑惑に関連して、「2日の本会議で(安倍は)安倍内閣の政 策が政治献金で影響を受けることはないと断言したが、何を根拠に言っているのか」と質問した。  これに対し、安倍は「ないからです」の一言である。こんな人を食っ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

オレ様は安倍晋三だ 4

▼メディアは狂乱答弁を伝えず  「安倍首相の答弁はガキの喧嘩レベルで、完全に論理が破綻しています。答弁にすらなっていない。どう見ても、岡田代表の発言の方が論理的に正しくて勝って いるのに、メディアは首相の狂乱答弁を批判しないし、詳しく報じることもない。  だから支持率も下がらず、政権は安泰でいられる。こんなボクちゃん首相をつ け…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

法律は整った 自衛隊は海外に、と安倍首相

▼米軍の「穴埋め」をする覚悟  安倍首相は自衛隊の南スーダンでの「駆け付け警護」について、「新たな法律が通ったわけだから、任務の付与について検討している」と強調した。  集団的自衛権などを盛り込んだ安保(戦争)法では、米国など友軍が襲われた場合、自衛隊員が駆け付けて撃退する「駆け付け警護」を解禁した。  南スーダンを手始め…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

自民党の金権体質は底なし沼

▼五輪担当相の口利き疑惑  自民党の金権体質は底なし沼だ。甘利明に続き今度は五輪担当相の遠藤利明が口利き疑惑の主役に躍り出た。自民党議員にとって議員バッジをつけることは「カネを儲ける手段」なのか。安倍内閣、掘れば掘るほど汚泥が噴き出す。  日刊ゲンダイによると、外国語指導助手(ALT)派遣事業への国の予算措置をめぐり、派遣会社の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カネの二重取り、問題ないと安倍首相

▼「政党交付金」は一体、何だ?  安倍首相は5日の衆院予算委員会で、甘利明の金銭授受問題を受け、企業・団体による献金やパーティー券購入を禁止するための大臣規範改正について「必要ない」との考えを示した。共同通信が伝えた。  では聞くが、私たちが所得税や消費税のほかに負担している「政党交付金」は一体、何だ? 贈収賄事件が絶えない自民…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「自民党1強政治」の責任は民主党にあり

▼危機感のカケラもない  根腐り政党、民主党はいつまで内向きの議論を続けるつもりなのか? 安倍晋三が憲法改悪に本気になっているというのに、危機感のカケラすら感じられない。「自民党1強政治」を許しているのは民主党の責任だ。  西日本新聞が民主党の無責任ぶりを厳しく糾弾している。以下に紹介する。 ***************…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ご都合主義の首相「9条改憲」発言

▼問題点指摘は東京新聞のみ  社説を読むと、その新聞社が今、何を重視しているか分かる。安倍首相は3日、平和憲法の根幹である「9条2項」を改める必要があると強調。しかも、憲法学者が自衛隊に憲法違反の疑いを持っている状況を理由に挙げた。  憲法を犯して「集団的自衛権」を強行したのは誰だ。その張本人が、今度は憲法を振りかざして好き放題…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

マスコミは嵌められた  大衆は騙された

▼甘利辞任にはシナリオがあった  かつて歴代内閣でこれほどデタラメな内閣があっただろうか? 否である。それぞれ政権には問題があったが、安倍政権のような品性が下劣なケースは初めてだ。まるで詐欺集団である。国民をだますのが仕事だと勘違いしているのではないか。  今回の甘利辞任はシナリオがあり、それに従って作戦が展開された。スキャンダ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

問題ない? のに、黒く塗りつぶされたメモ

▼「口利きない」ならなぜ、隠す?  都市再生機構(UR)が甘利の金銭授受問題で、UR職員と甘利の秘書と計12回にわたるやりとりの一部を公表した。UR側は、飛ぶ鳥を落とす勢いの安倍政権を恐れてか「口利きはない」と否定。ところが肝心のメモは真っ黒に塗りつぶされていた。問題がないならなぜ、隠すのか?  日刊ゲンダイの記事を紹介する。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

タイミング良すぎる警視庁の逮捕発表

▼甘利解明はこれからが本番  清原逮捕の速報に、「この時期になぜ?」と疑問を呈する投稿が相次いだ。もっともである。清原の薬物疑惑はずいぶん前からささやかれていた。  内定しながら、”泳がせて”いたのか。もっとも効果的な発表時期を狙っていたのか?あまりにもタイミングが良すぎる。閣僚は辞任したものの、甘利明の口利き疑惑の解明はこれか…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

安倍政権は戦後最長内閣の可能性 1

▼内閣支持率は高止まり  安倍内閣の支持率は依然高い。甘利の口利き疑惑は支持率に影響しなかった。なぜだろう?と考えた。理由らしきものがいくつか浮かんできた。このままいけば安倍政権は戦後最長の内閣になる可能性が出てきた。  共同通信が1月30、31両日実施した世論調査によると、安倍内閣の支持率は53・7%で昨年12月の前回調査から…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

安倍政権は戦後最長内閣の可能性 2

▼審議拒否は立派な戦術  二つ目は、野党の体たらく。与野党は2日の衆院本会議で質疑を実施。その後、衆院予算委員会を開き、来年度予算案の提案理由説明を行うことで合意したという。物分かりが良すぎる、と言うよりバカではないか。  口利き疑惑は野党にとってのチャンス。なぜ、この機会を生かさないのか。少数野党にとって審議拒否は戦術の一環と…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

ハッキリ言おう、石原伸晃は失格者だ

▼閣僚から力量疑問視の声  甘利明の辞任を受けて経済再生担当相の後任に決まった石原伸晃に、さっそく安倍内閣の閣僚から力量を疑問視する辛口コメントが飛び出した。石原は過去にもいろいろ物議をかもした男である。  「この分野(経済)があまり得意じゃないかもしれないが、頑張ってもらうことを期待している」と財務相の麻生太郎がポロリ、本音を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

聞くに堪えない記者の質問 1

▼OBただ1人頑張る  週刊文春が口利き疑惑を暴露した甘利明は28日、記者会見し辞任を表明。会見の模様はテレビやインターネットで生中継された。記者の劣化が激しいのには驚いた。まともな質問をしたのはOBの記者1人だった。  会見には200人を超すメディア関係者が詰めかけた。約1時間10分の会見。前半は甘利が用意した文書を読み上げな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more