テーマ:被災者

震災時にはバイクが一番役立つ、と熊本の組長

▼カップ麺やミルクを被災者に届ける  市井の人に迷惑をかけるヤクザがおれば、こんな男もいる。家の前に救援物資を並べているだけではダメだ、とカップ麺やミルク、衣類などの物資をリュックに詰め込み、バイクで避難した知人へ届けている。  安倍晋三サンよ、海の向こうに顔見世興行に行っている場合でなない。アンタもバイクで運べ。おむつやミルク…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

被災地に自衛隊の迷彩服を着た不審者横行!

以下の依頼がありました。みなさん被害に遭わないよう呼びかけてください。これを拡散してください。被災地の方が見るかも知れません。(以下、原文のまま) ***************** 拡散依頼です。 1人でも多くの被災者に見てもらえるようにお願い致します。 聞くところによると、被災地で自衛隊の迷彩服を着たヤツがモ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

被災地支援は「ふるさと納税」が安心

▼寄付した先から必ず届く領収証  熊本地震で大きな被害を受けた被災自治体への「ふるさと納税」が急増している。東日本大震災では、日本赤十字社などを通じて義援金や寄付金が、少なくとも合計4400億円(2012年2月13日付け日経)集まったという。  このカネがちゃんと被災者や被災地に配られたかどうか、よくわからない。それが、寄付した…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

被災者支援のために 何か行動を起こしましたか?

▼SNS利用者対象に日経が調査  日経は「電子版」での意識調査を実施している。今回は、熊本や大分で相次ぐ地震に関する調査だ。 ********************  見舞いの気持ちを、フェイスブックやツイッターといった交流サイト(SNS)を積極活用して表現している人がとても多いように思います。  熊本や九州在住、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

被災地支援 「ほしい物リスト」から選択

▼現地が必要な品を送ろう  安倍政府の現地責任者が、熊本地震の被災者を放ったらかしにして、災害用のテレビ回線を使い、「オレにおにぎりを差し入れしろ」と要求。世間をア然とさせた。そんな被災者不在の政府に代わり、民間の被災地支援が本格化している。毎日新聞から紹介しよう。 ********************* 牛丼、肌着、スト…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

地震情報から給水、炊き出しまでの情報掲示板

▼お風呂情報もあるよ  「隣にネットの見られない高齢の方はいらっしゃいませんか? この掲示板の情報を教えてあげましょう」―。被災者に必要な情報をリアルタイムで満載した「熊本地震 情報掲示板」がある。  地震で被災された方の血栓症発症予防への緊急提言から、気象庁の地震情報、熊本市の緊急情報、上下水道情報、炊き出しから、給水&湧き水…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

国土交通相はあんな号令をかけたが・・・

▼税金は被災者のために有効に使おう  国土交通相の石井啓一(公明党)は21日、熊本地震の被災者向けの仮設住宅を当面、2900戸分確保すると語った。「待ってました」とばかり、業界団体のプレハブ建築協会は、熊本県など被災自治体からの要請を受け次第、建設準備に取り掛かる構えだ。  少なく見積もっても、これだけでざっと200億円。一時し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

朗報! 被災住宅の二重ローン解消制度

▼前のローンは100%免除ある  ローンで建て家が地震や津波で全壊して住めなくなった。しかし、ローンの支払いは残っている。新しい住宅のために新たなローンを組むと二重の支払いとなる。とても払えない。無理だ。こうした「二重ローン問題」を解決するために出来たのが「被災ローン減免制度」である。  この制度は、金融機関と被災者の話し合いで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

被災者用の旅館やホテルが空いているよ!

▼知らないので拡散してもらいたい  政府が熊本地震の被災者向けに無料の宿泊施設として確保したホテルや旅館、フェリーの利用者が少ない。被災者のみなさんが知らないのだ。このブログを観た人はシェアして、多くの人に知らせて欲しい。  余震を恐れて車で寝泊まりする被災者が多く、エコノミークラス症候群で病院に搬送される人も増えている。幼い子…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

家の写真を撮れ! 「り災証明書」に大きく響く

▼あとで証拠写真がモノを言う  東日本大震災や、昨年の茨城県常総市の大水害で被災した経験者がフェイスブックで、熊本の被災者に大事なアドバイス。「熊本の方や熊本にご親族、お知り合いがいる方は是非とも参考にして下さい」と言っている。(原文のまま転載) ----------------------------------------…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

熊本応援! これなら誰でもすぐに出来ます

▼情報拡散の手伝いをしましょう  みなさん、千葉の野田宏さんが熊本のテレビやラジオから情報を得て、一人でも多くの被災者の方に伝えようと必死で発信しています。私たちも手伝いましょう。私たちもうちにいても「拡散」することは出来ます。  現地では情報がなくて、どこでどんなことがあるのか知りません。「野田宏」とクリックすれば、いろんな情…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

仮設住宅は必要ない  税金の無駄使いだ

▼安くない仮設の建設費  熊本地震で倒壊など損壊した建物が九州5県で計9000棟を超えた。熊本市などは仮設住宅の建設の検討を始めたという。そんな無駄なカネを使うより本格的な災害公営住宅を建設した方がいい。  仮設住宅と簡単に言うが、1戸当たり600-800万円が必要だ。東日本大震災の被災地に建てられた仮設住宅の建設費をみてみよう…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

復興事業は国の直轄だから・・・半ばあきらめ

▼おいしい“利権”は大手が独占  日本語、英語、そして仏語と3か国通訳付きのシンポジウム「福島・マーシャル・タヒチ 核被害者と考える民主主義」は政治屋や復興資金の使い方にも疑問がわいた。  福島とマーシャル諸島とタヒチは、ともに緑と海の大自然に恵まれた環境だった。それが福島は東電の原発で、マーシャル諸島は米国の核実験で、そして画…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

国内植民地だから、言葉を発したら仕事を失う

▼苦悩する被災地、福島  太平洋の核実験で被ばくした被害者が参加した2日の参加型シンポジウム「福島・マーシャル・タヒチ 核被害者と考える民主主義」は第1部に続いて第2部 は2つの分科会に分かれた。  私は分科会Bの「福島から見る日本 これからどうする」に参加した。みんな熱が入り過ぎて、持ち時間が足りなくなるほどだった。 福…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

子供たちに被爆の影響が出ているのは許せない

▼タヒチとマーシャルと福島と  ジャーナリスト高瀬毅の呼びかけでシンポジウムに参加した。討論は、休憩時間を忘れるほどの熱気で、4時間にわたって繰り広げられた。「原発」の被災者と「核実験」の被害者、共通点が多いことを知った。中身の濃い集いだった。  「福島・マーシャル・タヒチ 核被害者と考える民主主義」と題した参加型シンポジウムは…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

置き去りにされた被災地

▼置き去りにされた被災地  「なぜ、東京で五輪をやる必要があるのか」との問い合わせがあった。答えは簡単。安倍内閣の周辺に巣食う大手ゼネコンなどの”利権屋”が甘い汁をすうためだ。  公共事業で潤うのはいつもこんな輩。おかげで被災地の復旧は足踏みしたまま進まない。それどころか、セメントなどの資材は高騰。大工や鉄筋工などは東京に吸い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more