あのミスターが感動した! “昭和”を唄う若者たち

▼長嶋茂雄コメント  彼らを初めて見た時、音楽ということを超えて日本人誰もが持っている魂を感じました。非常に強いインパクトを感じ、また曲を聴いたときも、懐かしくも楽しくもなり、素直に日本人でよかったと思えた瞬間でした。  そんなふうに思えたのは、彼らが本物であると思えたからです。最近、スポーツ以外でこんなに感動したことはありま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

たばこひと箱3200円だなんて、ウソだろう?

▼豪州で毎年12.5%ずつ値上げ  愛煙家の皆さん、たばこひと箱3200円になったら、どうします? それでもやめられない、というので、買いますか? 私は30年以上前にタバコを止めました。  【シドニー時事】オーストラリア政府は3日発表した新年度予算案に、2017年から4年間、毎年12.5%ずつ税率を上げる大幅なたばこ増税を盛り込…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「その本、出版を止めろ」と日本会議が要求!!

▼安倍政権に極めて近い極右  出版を目前にして突然、安倍政権に極めて近い極右組織「日本会議」の事務総長を名乗る人物から出版停止を要求する文書が出版社に届いた。問題の本は「日本会議の研究」である。  私はまだこの本を読んでいない。どんな内容なのかと事前に調べた。以下は読み終えた人がアマゾンに寄せた感想である。 *******…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

5月5日は「勝負の日」? に仰天

▼今時の女性アナウンサー  「柱の傷はおとどしの 5月5日の背比べー」♪♪ きょうはこどもの日。端午の節句だ。何気なしにラジオを聴いていたら、「何の勝負をするのですか」と女子アナが言った。ナヌナヌ??? はじめはふざけて言っているのかと思った。が、違った。  「きょうは菖蒲の湯に入る日だ」とゲスト。「熱っつい湯に入って、負けない…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

民進党に他山の石  仏で反新自由主義のうねり

▼若者たち「反グローバル主義」を掲げ  安倍自民党と異なる政策や哲学をなぜ打ち出せないのか? なぜ、消費増税反対と民進党は言えないのか?民進党よ、フランスで起きたうねりは他人事ではないぞ! *************** 日刊ゲンダイがまた、ヒットを飛ばした。転載する。  フランスで「新自由主義からの脱却」を掲げた新…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

高位は政治屋、官僚、大企業が独占

▼人を選別、差別する基準は何だ?  政府の恒例行事である春の叙勲。今回も、国会議員や官僚、大企業の関係者ばかりが最高位の「旭日大綬章」に選んだ。歌手の北島三郎、女優の富司純子は格下の旭日小綬章だった。  最高位の旭日大綬章には元三菱商事会長の小島順彦のほかに、元自治相の上杉光弘、元東急電鉄社長の上條清文、元東京証券取引所社長の斉…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

共産党を利用しただけ、と本音漏らした細野豪志

▼これで民進党の敗北が決まった  こう言う人間がいる。共産党を利用しただけ、と本音漏らした細野豪志。北海道の衆院補選で、札幌駅頭で共産党と民進党の議員が揃ってマイクを握った。その時、細野もいた。  「今度こそは」と、みんなが安倍内閣打倒に向け大きな期待をかけた。あの時の細野は一体、何だったのか?有権者をダマすためにやって来たのか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ネット社会の危険な「負」の一面  衆愚政治に陥る恐れ

▼ネットに振り回される政治家  中国の王毅外相が先月30日の日中外相会談の冒頭、「誠意があるなら歓迎する」などと発言したことに対し「招待しておいて礼儀に欠けるのでは」と批判する声が中国のインターネット上で相次いだ。共同通信が伝えた。  王外相は冒頭、岸田文雄外相に対し「中日関係が谷底に落ちた原因は日本側が自分で分かっているだろう…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

「スタバは5億円払え」、と客が怒りの訴え

▼飲み物の量が広告よりはるかに少ない!  飲みに行ってウイスキーの水割りを注文。出てきたのは「ウイスキーの水割り」ではなく、水っぽい「水のウイスキー割り」だった、なんてことがよくある。アイスコーヒーをひと口飲んだら、氷だけ。こんなゴマカシを米国でやれば、どんなことになるか。 **************  【AFP=時事】…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

実質賃金は減り、消費は冷え込んだまま

▼アベノミクスで「貧富の格差が拡大した」が57%  最新の共同通信の世論調査で、安倍政権の経済政策「アベノミクス」により、貧富の格差が拡大しているか尋ねたところ、「広がっていると思う」が57・0%と過半数を占めた。「広がっているとは思わない」との回答は34・6%だった。    安倍政権は、ふた言目には「民主党政権はヒドかった」と批…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

憲法をないがしろにする無法者、安倍晋三

▼天皇は平和憲法の “応援団長”だ  憲法記念日のきょう、憲法を今一度、考えてみよう。 平成25年12月18日傘寿を迎えられた天皇陛下は、80年の道のりを振り返って,特に印象に残っている出来事についての質問に次のように応えられた。  「戦後、連合国軍の占領下にあった日本は、平和と民主主義を守るべき大切なものとして日本国憲法を作…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

社会はそれほど甘くない 「東大合格」とは違う

▼若者たちよ、「自分の言葉」で話そう。  SEALDsのように、「自分の言葉」を持っている若者はいい。素直に気持ちが伝わる。反対に、野球やサッカーのプロスポーツ選手が試合を「楽しみたい」、チームに「貢献したい」などと言うのを聞くと、虫唾が走る。  この言葉を聞いただけで、「このひと、アタマ悪そー」と感じる。客はゼニを払って観に来…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東京で首都直下型地震が起きたらこうなる

▼その時、超高層ビルは?  いつ、M(マグニチュード)8クラスの首都直下型地震が起きるかもわからない。万が一発生したら、手の施しようがない。運命とあきらめるしかないか? 首都圏が壊滅したら日本はどうなるのか? 再生は可能か? **************** 「恐怖のシナリオ」と題した投稿を転載する。  政府の想定で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

すごい!? 安倍晋三首相の人気がまた上がった!

▼人気上昇のわけはすべてコレ  悔しいね。安倍晋三の人気がまた上がったというではないか。こんなバカなことがるか、ってんだ。だってそうだろう。今度の熊本地震対策など、まるでなっていない。  震度7や6強が何度も襲った大地震の対策本部長は首相がやるものだ。安倍は河野太郎に丸投げした。こんなことはあり得ない。そして熊本に派遣した政府代…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

日本の伝統が眠っている「地方こそ観光の宝庫」だ 

▼観光振興に復興交付金  フランスには年間、8000万人以上の観光客がやって来るという。日本はその半分の4000万人が目標だ。浅草には世界中から観光客がやって来るが、最近は韓国、中国に加えて、サリーをまとったインドネシアなどイスラム圏からの人が多くなった。  現在は2000万人弱だが、日本を訪れる数は急速に増えており、そう遠くな…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

震災時にはバイクが一番役立つ、と熊本の組長

▼カップ麺やミルクを被災者に届ける  市井の人に迷惑をかけるヤクザがおれば、こんな男もいる。家の前に救援物資を並べているだけではダメだ、とカップ麺やミルク、衣類などの物資をリュックに詰め込み、バイクで避難した知人へ届けている。  安倍晋三サンよ、海の向こうに顔見世興行に行っている場合でなない。アンタもバイクで運べ。おむつやミルク…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

掘りたてのタケノコをくれた彼女は・・・

▼つくづく世間は狭いと思った  東京・神田で無料のジャズ・ライブを堪能し、家路についた。途中、屋敷の竹林でタケノコを掘っていたので声をかけたら、「あげる」と言った。厚意に甘えて小ぶりな3本をいただいた。  親切な女の子は米ぬかも一緒にくれた。びっくりしたのは、彼女は私たちが落語会を開いている場所で催した演奏会に出演していた学生だ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「平和憲法」の価値、海外邦人ら離れてこそ実感

▼「外交」は国の専売特許ではない!  戦争法の施行で戦争放棄を掲げる憲法九条の精神が揺らぐ中、外国人や海外に住む日本人に「九条を守れ」との声が広がっている。日本を離れて外国で暮らし、「九条の重さ」を実感した、と口をそろえて言った。70年の間、戦争をしなかった日本。「平和憲法」は私たちの宝である。 ****************…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

日本の政府のやり方はナチスのまねばかり

▼作家の半藤一利が鋭く批判  一内閣の勝手な判断でこれまでの憲法解釈を変え、安保法制=戦争法を強行した安倍政権の手法は、あれはヒトラーのまねですよ。日本の政府のやり方はナチスのまねばかり。  例えばナチスは国会議事堂放火事件の後、政府が立法権を行使できる授権法を成立させ、民主的なワイマール憲法を骨抜きにして独裁体制を固めました…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

最初からあきらめ、立ち見を覚悟した

▼「ブルーノート東京」に黒山の人だかり  東京・神田淡路町で3日間にわたって繰り広げられた無料イベントの「JAZZ AUDITORIA 2016」は30日、閉幕した。この日は「ブルーノート東京」が出演するとあって、会場は朝から大変な騒ぎ。  前日と同様、午後1時のオープニングを前に、午前11時から整理券を配布。私は最初からあきら…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more