日本を破滅に導く安倍晋三の野望

▼改憲は祖父、岸信介の夢  A級戦犯の烙印を押された祖父、岸信介に対する汚名返上と、未達に終わった「祖父の思い」を実現するのが私の願望だ。こうした私怨から、国家を間違った方向へ持って行こうとする安倍晋三。   そんな安倍自民党を結果的に、有権者は選んでしまった。多くが投票に行かず、有権者の6人に1人しか票を入れなかった自民党が、…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

イスラエルと手を結んだ安倍晋三

▼イスラエルと手を結んだ安倍晋三  祖父の岸信介が成し得なかった「軍事大国ニッポン」への夢を実現しようと、自ら手を上げたのが安倍晋三。そのためには戦争放棄を明記した日本国憲法が邪魔だ。  一度は改憲を試みたが上手くいかず、持ち出したのが「解釈改憲」なる奇妙な論理。だが、彼は改憲を断念したわけではない。「スキあらば」と狙っている。…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

なぜ、報道しないダライ・ラマ14世の来日

▼チベットを見捨ててはならない  チベット仏教の最高指導者ダライ・ラマ14世(80)が5月9日から来日し、大阪市で10日から4日間、講演を行った。チベット亡命政府の代表機関、ダライ・ラマ法王日本代表部事務所が明らかにした。  日本では共同通信が来日のニュースを伝えただけで、他はどこも報道しなかった。  なぜか。中国に気を使…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

自民党はいい加減に頭を切り替えてはどうか

▼今夏は節電を止めると安倍内閣  安倍内閣は電力の安定供給が可能だとして13日、今夏の節電要請を見送ることを決めた。バカではないか。今年も引き続き、必要のない照明を切るなどの節電を呼び掛ければいいではないか。  無駄な電力は使わない。それによって原発が必要ない生活を続けることが大事だ。それとも何か。電気をドンドン浪費してもらわな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オバマの広島訪問で衆参同日選挙が再浮上!

▼カギはパナマ文書の行方  安倍首相が衆参同日選挙にまたぞろ、色気を出しているという。オバマ大統領の広島訪問決定で永田町の空気が一変。オバマの一挙手一投足は世界のメディアが追いかけ報道する。  安倍晋三は即座に広島同行を決めた。脇に立っているだけで、世界中に安倍晋三をアピールできるからだ。当然、日本のマスコミも、サミットとオバマ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

こんな有り難い話はない。「よね」さん、最高だ!

▼倉吉は実にいい街だった  旅の2日目は倉吉市に行くことにした。私も、旅仲間も、古い町並みや古民家巡りが趣味。前の日、米子市に立ち寄った際、旧加茂川沿いの白壁の土蔵や由緒ある江戸時代の豪商の屋敷に満足していたら、地元のおばさんが教えてくれた。  「倉吉へ行けばもっとたくさんあるよ」。岡山県の倉敷なら知っているが、倉吉に古民家群が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

パナマ文書は「匿名報道すべき」と読売

▼腐り切った御用新聞の素顔  今世紀最大の金融スキャンダルと言われるパナマ文書の詳しい情報が明らかになった。国際調査報道ジャーナリスト連合(ICIJ)に加盟している共同通信が報じた。  ソフトバンクや丸紅、伊藤忠の関連会社、楽天会長の三木谷浩史、警備大手セコム創業者の飯田亮ら続々と名前が続く。脱税目的のタックスヘイブンの実態はど…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more