お題目の確認で終わった欧州漫遊の旅

▼また今度も税金の無駄遣い  4月28日の当ブログ「半歩前へ」で私は、無意味な安倍首相の欧州「地ならし」の旅、と厳しく批判した。その通りの結果となった。“歴訪”の成果はゼロ。お題目の確認だけで終わった。  「伊勢志摩サミットに向けた地ならしなど必要ない。ロシアまで行ってプーチンと会ったところで、成果など期待薄」とブログで断定した…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

プーチンに軽くあしらわれた安倍首相

▼安倍外交、所詮は“線香花火”  今回の会談はロシア側にはメリットがあった。米国と歩調を合わせて対ロ経済制裁を続ける日本の首相がわざわざやってくるのだ。ロシアメディアはきのう、「対ロ孤立政策を無視した安倍首相の訪問は、欧米首脳に先例を示すことになる」(経済紙コメルサント)などと報じた。  日本側にとっては北方領土問題の前進の…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

空前規模の警備に地元は大ブーイング

▼サミットまで3週間の伊勢志摩  安倍首相は事前の「根まわし」と称して、春のヨーロッパ旅行を満喫。だが、伊勢志摩サミットまで3週間となった地元からは「有難迷惑だ」との声が沸き上がっている。宿は、全国からやって来た警備の警官が占拠。おかげで一般客は締め出された。  5月はアコヤガイに真珠の核を仕込む「核入れ」の最盛期だが、サミット…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

山菜から国の基準の20倍を超えるセシウム検出

▼コシアブラ 栃木の道の駅で   栃木県の道の駅「にしかた」で販売された山菜、コシアブラから国の基準値(1キロ当たり100ベクレル)の20倍を超える2200ベクレルの放射能セシウムを検出した。  厚生労働省が抜き打ちに買い取り検査し、判明した。道の駅の直売所に持ち込まれたコシアブラは、東電の原発爆発後の放射能流出に伴い「出荷停止…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more