韓国、少子化で志願者不足 徴兵の特例廃止

 【ソウル聯合ニュース】韓国国防部は17日、徴兵による現役兵の志願者が不足するため現役兵志願者を対象にした「兵役特例制度」を廃止する計画を立てた、ことを明らかにした。  何やら日本の将来図を見ているような気持ちがしてきた。安倍内閣による戦争法の強行成立をきっかけに、自衛隊の若い隊員が次々辞めていき、人員不足に拍車がかかっている。経…
トラックバック:1
コメント:1

続きを読むread more

茨城の震度5弱は「首都直下地震」の前触れか

▼地震より周辺の原発が心配  日本列島は400年と1200年サイクルで大地震に見舞われ、今は2つのサイクルがちょうど重なる時期に当たるー。  部屋が大きく揺れた。いよいよ、来たかと思った。16日午後9時23分ごろ、茨城県で震度5弱。私はとっさに、茨城県東海村にある「原発は大丈夫か?」と気になった。  東日本大震災で原発が爆…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

舛添を都知事に推薦したのはどこの政党だ?

▼ひとごとのような自民・公明  舛添のデタラメぶりが集中砲火を浴びている。だがちょっと待ってくれ。確か、2014年の東京都知事選挙で舛添を推薦したのは自民・公明の両党ではなかったか? 安倍晋三はじめ両党幹部は舛添を褒めちぎっていた。2党に責任はないのか?  自民党幹事長の谷垣は会見で「猛省が必要だ。東京都という日本の首都のトップ…
トラックバック:1
コメント:1

続きを読むread more

増え続ける「トモダチ作戦」の被ばく米兵

▼1000億円超える訴訟  トモダチ作戦中に被ばくし、健康被害を受けた米兵ら8人が東電と日本政府を相手取り、 損害賠償を求める訴えをカリフォルニア州サンディエゴの連邦地裁に起こしたのは2012年12月のことだった。  この記事は東京スポーツが掲載。「なんだ、東スポか」と侮るなかれ。スポーツ紙の硬派記事は、紙面を待たない腕利きの取…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

平和への熱い思いと安倍政治への怒り

▼92歳の村山元首相が心の訴え  テレビ・新聞が報じない集会・デモ・市民の声を届けける市民有志の撮影チーム「市民メディア放送局」が村山富市元総理の「怒り」を取材し、届けた。とても92歳とは思えないこ覇気。戦争への道を突き進む安倍晋三に対する怒りの声を聴いてほしい。 ******************  いま、日本が危ない!憲…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

道路が断崖に 音声のない「静寂」が地震の怖さ伝える

▼共同通信が「ドローン」で空撮  熊本地震で共同通信が小型無人機「ドローン」を活用し、被災地の空撮映像の撮影と公開を行っている。音声のない「静寂」が、かえって地震の恐ろしさを感じさせる。 ***************  最初の震度7が発生した翌日の4月15日にはYoutubeの共同通信公式チャンネルに「熊本地震1000人…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

五輪誘致の裏金、ここでも電通が暗躍

▼JOC会長の竹田が吐露  東京五輪の招致で日本オリンピック委員会(JOC)が裏金を支払った問題で、フランスの検察当局は、贈収賄の疑いで捜査を始めた。  JOC会長の竹田恒和は16日の国会で、2億2300万円を振り込んだ「ブラック・タイディングズ」社について、「(国際陸上連盟前会長の)ラミン・ディアク氏やその親族と関係するとは知…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

巨悪はどうなった? 寝たふり決め込む甘利明

▼あっせん利得の時効は8月  豪華海外旅行、公用車での別荘通い、公金による家族正月旅行に続いて、今度は政治資金で絵画購入ときた。傲慢都知事、舛添の公私混同の追及は大いにやってもらいたい。が、忘れてもらっては困るのが甘利明の口利き疑惑だ。  NHKも読売も産経も、ここぞとばかり張り切って舛添を辞任に追い込もうと狙っている。その勢い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

午後9時23分ごろ、関東地方で強い地震があった

午後9時23分ごろ、関東地方で強い地震があった。 震度5弱 地域:茨城県北部 市町村:小美玉市 震度4 地域:茨城県南部 栃木県南部 埼玉県北部 埼玉県南部 千葉県北東部 千葉県北西部 神奈川県東部 市町村:水戸市 笠間市 ひたちなか市 那珂市 茨城町 城里町 東海村 土浦市 茨城古河市 石岡市 龍ケ崎…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

防衛省、大学との武器共同開発を促進

▼安倍内閣になり急増  安倍内閣になって、防衛省と大学が技術協力が急増し、2015年度に継続中の研究が23件に上ったことが、東京新聞の調べで分かった。大学が持つ優れた技術を武器の開発に生かすのが目的だ。      東京新聞によると、2013年度までは最多で14件だった。第二次安倍政権は「軍学共同」路線を打ち出しており、専門家は「…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アベノミクスの化けの皮は完全に剥げた! 

▼エンゲル係数が急上昇  食費の支出が高いほど、生活が苦しくなるエンゲル係数が急上昇している。5%から8%への消費税増税で食品が値上がりしたが、賃上げが追いつかないためだ。そういえば、安倍晋三の口から空念仏の「アベノミクス」が聞かれなくなって久しい。  総務省の調査では、今年3月のエンゲル係数は24・5%。3年前の21・9%から…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

「原発反対派の経済軽視は疑問」の投稿

▼すべて承知で載せた朝日新聞  どの新聞にも読者の投稿欄がある。朝日新聞の「声」に「原発反対派の経済軽視は疑問」の投稿が載っていた。要約すると以下の内容だ。 ************* ① 放射能に対する恐れは人それぞれだから、原発反対の主張も結構だ。だが、原発反対派の多くは危険性を主張するばかりで、電力の需要と供給に関して冷…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

民進党はまだ駄々っ子を続けるつもりか?

▼無党派層の掘り起こしに小林節  憲法学者の小林節さんが政治団体「国民怒りの声」を立ち上げる。狙いは無党派層の掘り起こしだ。2014年総選挙(比例区)で自民党に投票した人1765万人。これに対して、選挙に行かなかった人は4922万人。自民党の得票は16・7%。6人に1人しか投票しなかった自民党が圧勝した。  これからしても自民党…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

森喜朗ごときが東京新聞に「圧力」とは無礼千万!

▼五輪疑惑にのほっかむりのメディア  東京五輪の誘致に絡み2億2000万円が支払われるなど五輪疑惑は底なし沼だ。ところが日本のマスコミは疑惑追及の腰が引けている。舛添疑惑でははしゃぎまわるメディアが東京五輪にはなぜ“静観”を決め込むのか?     エンブレムの盗作疑惑から、聖火台のない競技場建設まで東京五輪大会組織委員会のやること…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

浜岡原発再稼働に賛成せず関係の全首長と知事

▼毎日新聞のアンケートで判明  菅直人首相(当時)の要請で2011年5月に全面停止した中部電力浜岡原発で、半径30キロ圏の静岡県内11市町の全首長と川勝平太知事が、再稼働に賛成の意思を示していないことが毎日新聞のアンケートで分かった。  3首長が反対し、4首長が再稼働の前提条件として東電福島第1原発事故の収束など高いハードルを課…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

志のない政治屋は、一刻も早く退場すべきだ!

▼五輪景気に浮かれるゼネコンと安倍内閣  儲けは史上最高を記録。五輪景気でゼネコン大手が沸き立っているという。五輪を当て込んだホテルの建て替えが相次ぎ、道路などインフラの再整備も始まった。大手は、「仕事は選んで受注できる」と大変な鼻息だ。  そんな、五輪景気のあおりを食らっているのは、東日本大震災で大変な目に遭った被災地だ。鉄筋…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小雨のバス停で待ち続けて思ったこと

▼島根県の境港水産物直売センター  島根の旅、4日目の最終日は鬼太郎空港からANAで羽田に帰るだけ。宿のチエックアウトは午前10時。宿から飛行場に向かう無料バスが出るのは午後1時だと言う。3時間もじっと待つわけにはいかない。  境港に行くことにした。前日と打って変わり真冬のような寒さだ。半袖から急きょ長袖に着替え、上から重ね着を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本を破滅に導く安倍晋三の野望

▼改憲は祖父、岸信介の夢  A級戦犯の烙印を押された祖父、岸信介に対する汚名返上と、未達に終わった「祖父の思い」を実現するのが私の願望だ。こうした私怨から、国家を間違った方向へ持って行こうとする安倍晋三。   そんな安倍自民党を結果的に、有権者は選んでしまった。多くが投票に行かず、有権者の6人に1人しか票を入れなかった自民党が、…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

イスラエルと手を結んだ安倍晋三

▼イスラエルと手を結んだ安倍晋三  祖父の岸信介が成し得なかった「軍事大国ニッポン」への夢を実現しようと、自ら手を上げたのが安倍晋三。そのためには戦争放棄を明記した日本国憲法が邪魔だ。  一度は改憲を試みたが上手くいかず、持ち出したのが「解釈改憲」なる奇妙な論理。だが、彼は改憲を断念したわけではない。「スキあらば」と狙っている。…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

なぜ、報道しないダライ・ラマ14世の来日

▼チベットを見捨ててはならない  チベット仏教の最高指導者ダライ・ラマ14世(80)が5月9日から来日し、大阪市で10日から4日間、講演を行った。チベット亡命政府の代表機関、ダライ・ラマ法王日本代表部事務所が明らかにした。  日本では共同通信が来日のニュースを伝えただけで、他はどこも報道しなかった。  なぜか。中国に気を使…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

自民党はいい加減に頭を切り替えてはどうか

▼今夏は節電を止めると安倍内閣  安倍内閣は電力の安定供給が可能だとして13日、今夏の節電要請を見送ることを決めた。バカではないか。今年も引き続き、必要のない照明を切るなどの節電を呼び掛ければいいではないか。  無駄な電力は使わない。それによって原発が必要ない生活を続けることが大事だ。それとも何か。電気をドンドン浪費してもらわな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オバマの広島訪問で衆参同日選挙が再浮上!

▼カギはパナマ文書の行方  安倍首相が衆参同日選挙にまたぞろ、色気を出しているという。オバマ大統領の広島訪問決定で永田町の空気が一変。オバマの一挙手一投足は世界のメディアが追いかけ報道する。  安倍晋三は即座に広島同行を決めた。脇に立っているだけで、世界中に安倍晋三をアピールできるからだ。当然、日本のマスコミも、サミットとオバマ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

こんな有り難い話はない。「よね」さん、最高だ!

▼倉吉は実にいい街だった  旅の2日目は倉吉市に行くことにした。私も、旅仲間も、古い町並みや古民家巡りが趣味。前の日、米子市に立ち寄った際、旧加茂川沿いの白壁の土蔵や由緒ある江戸時代の豪商の屋敷に満足していたら、地元のおばさんが教えてくれた。  「倉吉へ行けばもっとたくさんあるよ」。岡山県の倉敷なら知っているが、倉吉に古民家群が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

パナマ文書は「匿名報道すべき」と読売

▼腐り切った御用新聞の素顔  今世紀最大の金融スキャンダルと言われるパナマ文書の詳しい情報が明らかになった。国際調査報道ジャーナリスト連合(ICIJ)に加盟している共同通信が報じた。  ソフトバンクや丸紅、伊藤忠の関連会社、楽天会長の三木谷浩史、警備大手セコム創業者の飯田亮ら続々と名前が続く。脱税目的のタックスヘイブンの実態はど…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東京五輪 招致で1億6000万円支払った?

東京五輪の招致に伴い日本側が1億6000万円支払ったと英紙が報道した。  共同通信が伝えた。それによると、国際陸連のラミン・ディアク前会長(セネガル)らによるドーピング隠蔽に絡んだ汚職を捜査しているフランス司法当局が2020年東京五輪・パラリンピックの招致活動にも捜査対象を拡大している問題で、英紙ガーディアンは11日、東京側が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

感激! 米子駅近くで見つけたこんないい店!

▼1500円ではあり得ない料理  一度行ってみたいと思っていた島根の足立美術館を訪ねた。素晴らしい、の一語に尽きる。横山大観をはじめ上村松園、川合玉堂らの絵画のほか、食通で知られる文化人、北大路魯山人の器など見る者を飽きさせない。  それ以上に印象に残ったのは足立美術館の日本庭園である。訪ねた日が朝から小雨模様で新緑の緑が一層鮮…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

地元ボスにも原発立地に絡む巨額の原発マネー

▼札束が“天から降ってくる”  「知らない。知っていてもお金のことは言えないし、墓場まで持って行く話」―。原発建設に伴い地元自治体に莫大な原発マネーが落ちるのは周知に事実。だが、それとは別に、原発の建設用地の地権者ら地元のボスたちにも巨額のカネがばら撒かれている。  今回、明らかになったのは中部電力の浜岡原発のケースだが、原発立…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本には「正義」というものがないのか?

▼パナマ文書に安倍政権の関係者名  全世界でどうして問題となっているかと言えば、一部の会社や大金持ちが国に納めるべき税金を払わないで所得を隠したり、脱税の手口に使っているからだ。  アイスランドでは首相が資産隠し疑惑で辞任するなど世界中でパナマ文書に伴う調査が行われている。だが、安倍自民党の独走が続く日本は政府が見て見ぬふりを続…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

なぜ? サミット中は原発の作業休みと東電

▼どんな危険があるのか説明必要  東電は、伊勢志摩サミット開催中の26、27の2日間、福島第一原発での作業を休むという。「要人が集まるサミットの期間中、なるべくリスクを減らしたい」と東電。  これは一体どういう意味だ? 原発へのテロを恐れているというならここだけ中止しても意味はない。日本全国に点在する原発すべてを対象にしないとお…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

安倍政権を批判するブログを攻撃!

こんな投稿が載っていた。  「安倍政権を批判する人気ブログには、何らかの形で圧力がかかっているとしか思えない事態が起きています。なんでも、政治部門のランキングでトップを争っていた“営業せきやんの憂鬱”というブログが、突然、記事を全て削除されてしまった」―。  こんなことに屈することなく、ドンドン発信し続けよう。テキが「削除す…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

「人の不幸は大好きサ」のNHK放送に驚いた

▼今でも外の車で寝る子供  「人の不幸は大好きサ 人の不幸は大好きサ あいつが・・・ 」-。今朝6時過ぎ、朝食を食べながらラジオを聞いていたらいきなりこんな歌が聞こえてきた。「何だ、これは」と、いやな気分になった。  NHKラジオ第一である。なんだか知らないが、パンクロックだそうだ。このところNHKはおかしな放送をしているが、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

お題目の確認で終わった欧州漫遊の旅

▼また今度も税金の無駄遣い  4月28日の当ブログ「半歩前へ」で私は、無意味な安倍首相の欧州「地ならし」の旅、と厳しく批判した。その通りの結果となった。“歴訪”の成果はゼロ。お題目の確認だけで終わった。  「伊勢志摩サミットに向けた地ならしなど必要ない。ロシアまで行ってプーチンと会ったところで、成果など期待薄」とブログで断定した…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

プーチンに軽くあしらわれた安倍首相

▼安倍外交、所詮は“線香花火”  今回の会談はロシア側にはメリットがあった。米国と歩調を合わせて対ロ経済制裁を続ける日本の首相がわざわざやってくるのだ。ロシアメディアはきのう、「対ロ孤立政策を無視した安倍首相の訪問は、欧米首脳に先例を示すことになる」(経済紙コメルサント)などと報じた。  日本側にとっては北方領土問題の前進の…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

空前規模の警備に地元は大ブーイング

▼サミットまで3週間の伊勢志摩  安倍首相は事前の「根まわし」と称して、春のヨーロッパ旅行を満喫。だが、伊勢志摩サミットまで3週間となった地元からは「有難迷惑だ」との声が沸き上がっている。宿は、全国からやって来た警備の警官が占拠。おかげで一般客は締め出された。  5月はアコヤガイに真珠の核を仕込む「核入れ」の最盛期だが、サミット…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

山菜から国の基準の20倍を超えるセシウム検出

▼コシアブラ 栃木の道の駅で   栃木県の道の駅「にしかた」で販売された山菜、コシアブラから国の基準値(1キロ当たり100ベクレル)の20倍を超える2200ベクレルの放射能セシウムを検出した。  厚生労働省が抜き打ちに買い取り検査し、判明した。道の駅の直売所に持ち込まれたコシアブラは、東電の原発爆発後の放射能流出に伴い「出荷停止…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「スタバは5億円払え」、と客が怒りの訴え

▼飲み物の量が広告よりはるかに少ない!  飲みに行ってウイスキーの水割りを注文。出てきたのは「ウイスキーの水割り」ではなく、水っぽい「水のウイスキー割り」だった、なんてことがよくある。アイスコーヒーをひと口飲んだら、氷だけ。こんなゴマカシを米国でやれば、どんなことになるか。 **************  【AFP=時事】…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

これが東京新聞の一面トップ記事だ!!

▼5万人が結集した護憲集会  在京の一般紙の中で権力に屈することなく、唯一、まともな報道を続ける東京新聞。憲法記念日の3日の一面トップを飾った記事を以下に再録する。ちなみに、在京紙で5万人集会をトップ記事で扱ったのは東京新聞だけ。  こんな東京新聞を応援しよう。「応援」とは東京新聞の購読である。政権の暴走を批判する東京新聞には、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「5万人護憲集会」を意識的に小さく扱った新聞

▼権力の影に脅え、自主規制  知らなかった。憲法の集会に5万人もの人が集まったとは知らなかった。東京新聞の写真を見ると、会場は人、人、人で埋め尽くされている。1か所にこれだけの人が集まり憲法擁護を訴えた集会は、ニュース・バリューからして当然、一面トップの扱いだ。  ところが、在京の一般紙でトップ記事にしたのは東京新聞だけだった。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ドイツで菅直人に「脱原発勇敢賞」

▼日本では脱原発派は不人気?  東日本大震災当時の首相、菅直人が「脱原発勇敢賞」を受賞したという。安倍晋三の悪だくみに同調した再稼働推進派の読売や産経などの攻撃で菅直人は悪の権化に仕立て上げられた。  が、彼は当時の官房長官、枝野が「あなたの政治生命に傷がつくから行かない方がいい」と止めたのを押し切り、福島の現場に乗り込んだ。菅…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

あの時、福島の「水素爆発」は止められた!

▼首都圏からの3700万人退避も  大事なことだから何度でも言う。1人でも多くの人に知ってもらいたいから、重ねて訴える。福島の被災者はいまだにつらい思いをしている。仮設暮らしも6年目に入った。福島をこんな目に遭わせた元凶は安倍晋三である。  福島原発の「人災」は津波によって全電源が喪失し、原子炉の冷却機能が失われたことが原因だ。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

あのミスターが感動した! “昭和”を唄う若者たち

▼長嶋茂雄コメント  彼らを初めて見た時、音楽ということを超えて日本人誰もが持っている魂を感じました。非常に強いインパクトを感じ、また曲を聴いたときも、懐かしくも楽しくもなり、素直に日本人でよかったと思えた瞬間でした。  そんなふうに思えたのは、彼らが本物であると思えたからです。最近、スポーツ以外でこんなに感動したことはありま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

たばこひと箱3200円だなんて、ウソだろう?

▼豪州で毎年12.5%ずつ値上げ  愛煙家の皆さん、たばこひと箱3200円になったら、どうします? それでもやめられない、というので、買いますか? 私は30年以上前にタバコを止めました。  【シドニー時事】オーストラリア政府は3日発表した新年度予算案に、2017年から4年間、毎年12.5%ずつ税率を上げる大幅なたばこ増税を盛り込…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「その本、出版を止めろ」と日本会議が要求!!

▼安倍政権に極めて近い極右  出版を目前にして突然、安倍政権に極めて近い極右組織「日本会議」の事務総長を名乗る人物から出版停止を要求する文書が出版社に届いた。問題の本は「日本会議の研究」である。  私はまだこの本を読んでいない。どんな内容なのかと事前に調べた。以下は読み終えた人がアマゾンに寄せた感想である。 *******…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

5月5日は「勝負の日」? に仰天

▼今時の女性アナウンサー  「柱の傷はおとどしの 5月5日の背比べー」♪♪ きょうはこどもの日。端午の節句だ。何気なしにラジオを聴いていたら、「何の勝負をするのですか」と女子アナが言った。ナヌナヌ??? はじめはふざけて言っているのかと思った。が、違った。  「きょうは菖蒲の湯に入る日だ」とゲスト。「熱っつい湯に入って、負けない…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

民進党に他山の石  仏で反新自由主義のうねり

▼若者たち「反グローバル主義」を掲げ  安倍自民党と異なる政策や哲学をなぜ打ち出せないのか? なぜ、消費増税反対と民進党は言えないのか?民進党よ、フランスで起きたうねりは他人事ではないぞ! *************** 日刊ゲンダイがまた、ヒットを飛ばした。転載する。  フランスで「新自由主義からの脱却」を掲げた新…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

高位は政治屋、官僚、大企業が独占

▼人を選別、差別する基準は何だ?  政府の恒例行事である春の叙勲。今回も、国会議員や官僚、大企業の関係者ばかりが最高位の「旭日大綬章」に選んだ。歌手の北島三郎、女優の富司純子は格下の旭日小綬章だった。  最高位の旭日大綬章には元三菱商事会長の小島順彦のほかに、元自治相の上杉光弘、元東急電鉄社長の上條清文、元東京証券取引所社長の斉…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

共産党を利用しただけ、と本音漏らした細野豪志

▼これで民進党の敗北が決まった  こう言う人間がいる。共産党を利用しただけ、と本音漏らした細野豪志。北海道の衆院補選で、札幌駅頭で共産党と民進党の議員が揃ってマイクを握った。その時、細野もいた。  「今度こそは」と、みんなが安倍内閣打倒に向け大きな期待をかけた。あの時の細野は一体、何だったのか?有権者をダマすためにやって来たのか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ネット社会の危険な「負」の一面  衆愚政治に陥る恐れ

▼ネットに振り回される政治家  中国の王毅外相が先月30日の日中外相会談の冒頭、「誠意があるなら歓迎する」などと発言したことに対し「招待しておいて礼儀に欠けるのでは」と批判する声が中国のインターネット上で相次いだ。共同通信が伝えた。  王外相は冒頭、岸田文雄外相に対し「中日関係が谷底に落ちた原因は日本側が自分で分かっているだろう…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

「スタバは5億円払え」、と客が怒りの訴え

▼飲み物の量が広告よりはるかに少ない!  飲みに行ってウイスキーの水割りを注文。出てきたのは「ウイスキーの水割り」ではなく、水っぽい「水のウイスキー割り」だった、なんてことがよくある。アイスコーヒーをひと口飲んだら、氷だけ。こんなゴマカシを米国でやれば、どんなことになるか。 **************  【AFP=時事】…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

実質賃金は減り、消費は冷え込んだまま

▼アベノミクスで「貧富の格差が拡大した」が57%  最新の共同通信の世論調査で、安倍政権の経済政策「アベノミクス」により、貧富の格差が拡大しているか尋ねたところ、「広がっていると思う」が57・0%と過半数を占めた。「広がっているとは思わない」との回答は34・6%だった。    安倍政権は、ふた言目には「民主党政権はヒドかった」と批…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

憲法をないがしろにする無法者、安倍晋三

▼天皇は平和憲法の “応援団長”だ  憲法記念日のきょう、憲法を今一度、考えてみよう。 平成25年12月18日傘寿を迎えられた天皇陛下は、80年の道のりを振り返って,特に印象に残っている出来事についての質問に次のように応えられた。  「戦後、連合国軍の占領下にあった日本は、平和と民主主義を守るべき大切なものとして日本国憲法を作…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

社会はそれほど甘くない 「東大合格」とは違う

▼若者たちよ、「自分の言葉」で話そう。  SEALDsのように、「自分の言葉」を持っている若者はいい。素直に気持ちが伝わる。反対に、野球やサッカーのプロスポーツ選手が試合を「楽しみたい」、チームに「貢献したい」などと言うのを聞くと、虫唾が走る。  この言葉を聞いただけで、「このひと、アタマ悪そー」と感じる。客はゼニを払って観に来…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東京で首都直下型地震が起きたらこうなる

▼その時、超高層ビルは?  いつ、M(マグニチュード)8クラスの首都直下型地震が起きるかもわからない。万が一発生したら、手の施しようがない。運命とあきらめるしかないか? 首都圏が壊滅したら日本はどうなるのか? 再生は可能か? **************** 「恐怖のシナリオ」と題した投稿を転載する。  政府の想定で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

すごい!? 安倍晋三首相の人気がまた上がった!

▼人気上昇のわけはすべてコレ  悔しいね。安倍晋三の人気がまた上がったというではないか。こんなバカなことがるか、ってんだ。だってそうだろう。今度の熊本地震対策など、まるでなっていない。  震度7や6強が何度も襲った大地震の対策本部長は首相がやるものだ。安倍は河野太郎に丸投げした。こんなことはあり得ない。そして熊本に派遣した政府代…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

日本の伝統が眠っている「地方こそ観光の宝庫」だ 

▼観光振興に復興交付金  フランスには年間、8000万人以上の観光客がやって来るという。日本はその半分の4000万人が目標だ。浅草には世界中から観光客がやって来るが、最近は韓国、中国に加えて、サリーをまとったインドネシアなどイスラム圏からの人が多くなった。  現在は2000万人弱だが、日本を訪れる数は急速に増えており、そう遠くな…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

震災時にはバイクが一番役立つ、と熊本の組長

▼カップ麺やミルクを被災者に届ける  市井の人に迷惑をかけるヤクザがおれば、こんな男もいる。家の前に救援物資を並べているだけではダメだ、とカップ麺やミルク、衣類などの物資をリュックに詰め込み、バイクで避難した知人へ届けている。  安倍晋三サンよ、海の向こうに顔見世興行に行っている場合でなない。アンタもバイクで運べ。おむつやミルク…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

掘りたてのタケノコをくれた彼女は・・・

▼つくづく世間は狭いと思った  東京・神田で無料のジャズ・ライブを堪能し、家路についた。途中、屋敷の竹林でタケノコを掘っていたので声をかけたら、「あげる」と言った。厚意に甘えて小ぶりな3本をいただいた。  親切な女の子は米ぬかも一緒にくれた。びっくりしたのは、彼女は私たちが落語会を開いている場所で催した演奏会に出演していた学生だ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「平和憲法」の価値、海外邦人ら離れてこそ実感

▼「外交」は国の専売特許ではない!  戦争法の施行で戦争放棄を掲げる憲法九条の精神が揺らぐ中、外国人や海外に住む日本人に「九条を守れ」との声が広がっている。日本を離れて外国で暮らし、「九条の重さ」を実感した、と口をそろえて言った。70年の間、戦争をしなかった日本。「平和憲法」は私たちの宝である。 ****************…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more