舛添を都知事に推薦したのはどこの政党だ?

▼ひとごとのような自民・公明
 舛添のデタラメぶりが集中砲火を浴びている。だがちょっと待ってくれ。確か、2014年の東京都知事選挙で舛添を推薦したのは自民・公明の両党ではなかったか? 安倍晋三はじめ両党幹部は舛添を褒めちぎっていた。2党に責任はないのか?

 自民党幹事長の谷垣は会見で「猛省が必要だ。東京都という日本の首都のトップに立つ者としては、それなりの居ずまいというものがなければいけない」と批判。

 相方の公明党代表の山口も「事実を承知しているのは舛添知事本人なので、事実に基づき説明責任を尽くすことが重要だ。誠実に、明確に、説明責任を果たしてもらいたい」。

 まるで他人事。明確に責任を果たすべきは自民・公明だ。無責任にもほどがある。この2党は有権者をバカにしている。その場その場で適当なことを言っても有権者は常に見過ごすので、いい気になっている。しっかりしなさい! 有権者。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック