まだ言っている、世論調査はマスコミ「操作」

▼目を開けて現実の社会を見ろ
 「そもそも選挙期間中の世論調査は、調査というより操作でしょう」―。まだ、こんなことを言う人がいる。現状が全く理解できない。情けない。そもそも手間暇をかけてだれが「操作」する? 

 「操作」などする必要がない、と口が酸っぱくなるほど説明しているにも関わらず、未だにこんなくだらない、間の抜けたことを言う者がいる。「両の目を開けて、世の中を見ろ」、といいたい。

 私からすると東電福島で世界史に残る大災害を起こしておきながら、なおも原発再稼働を唱える安倍内閣の支持率など「マイナスで当然」だと思っている。しかし、現実は50%近くが支持している。

 信じられない数字と言いたいが、現実だから仕方がない。一部ネットでは「マスコミが数字を操作している」と怒っているが、そんな手の込んだことをする必要はない。

 多くの日本人は政治や選挙に関心が薄いのだ。NHKの調査で改憲について聞くと、「どちらでもない」との回答がいかに多いことかあきれる。原発再稼働を聞いても同様だ。

 「どちらでもない」と応える者は「どちらでもいい」、すなわち、関心がないのだ。分かり易く言うと、連中は何も考えていない「バカ」と呼ばれる面々。カネにならない話は興味なし。

 NHKや読売、フジテレビなど御用メディアが垂れ流すニュースに疑問を感じないで、信じ込む者たちだ。特に公共放送というので、実体は平成の大本営であることも知らず、NHKのいうことは100%正しいと思っている。

 そのNHKは、明けても暮れても「安倍総理大臣は」の繰り返し。どんなニュースも「安倍総理大臣は」とくれば、「やはり安倍さんはすごい。スーパーマンだ。よくやっている」と思い込む。おかげで石破茂などすっかり影が薄くなった。

 無関心派の彼らは、完全に御用メディアによって「洗脳」されている。だから安倍内閣支持が50%近くになるのだ。善悪を判断する物差しを失った者たちはNHKや御用新聞を疑わない。政権に都合のいい情報だけを聞いて判断するので「アベサン サイコー」となるのだ。

 もういい加減に、「支持率はマスコミが操作している」などと戯言(たわごと)を繰り返すのはやめよう。愚かしい奴だと軽蔑される。オツムの程度が疑われる。



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック