災害ボランティア 熊本市社協は16日から受け入れ

▼震源地の益城町は21日から
 熊本の県紙「熊本日日新聞」によると、熊本市社会福祉協議会は16日から、東区事務所(東区錦ヶ丘)に市災害ボランティアセンターを設け、被災家屋の片付けに協力してくれる県内の個人・団体を受け入れる。20日まで。被災者からの支援要請も受け付ける。

 ボランティアは、希望者は午前8時半までに同事務所に集合。センターが主に熊本市内の高齢者や障害者などの被災者宅へ送迎する。
熊本市社会福祉協議会TEL096(282)8379。

 一方、益城町社会福祉協議会は、震度7の揺れで家屋が損壊するなどの被害が出た町内でのボランティアの受け入れ開始を21日に予定している。

 「崩れた家屋などは余震で崩れる危険がある。気持ちはありがたいが、態勢が整うまで待ってほしい」と町社協。活動内容は、住居内で倒れた大型家具の片付けなどを想定している。
益城町社会福祉協議会TEL096-214-5566

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック