熊本地震 大火にならなくて本当によかった

▼地震が東京にまで響いた
 私の部屋でも揺れを感じた。「来たか」と思い、足元の電気ストーブを消した。首都圏の直下型地震はいつきてもおかしくない。覚悟はできている。念のためテレビを付けた。熊本で震度7の大地震。九州の地震が東京にまで響いた。

 津波の恐れはないと言うが、私が一番心配したのは火事である。地震は急に襲ってくる。対処する間がない。家庭の至る所で電気製品を使っている。だから、どこから火が出てもおかしくない。

 テレビ画面に煙が出ている住宅が映った。とっさに、東日本大震災の光景が頭に浮かんだ。別の民放は「ショッピングセンターのイオンから火が出たとの情報あり」と伝えた。大事にならなければいいが、と案じた。

 地震で怖いのは津波もさることながら火災が恐い。道路の亀裂や建物の倒壊で消火作業が思うようにいかないからである。

 幸いなことに煙が出た住宅は消し止めた。イオンはどうやら誤報だったようだ。混乱のさなかには情報が錯そうするから仕方がない。火災が少なく、大事に至らなかったのは不幸中の幸いである。

 悔しいのはこうした大きな災害の後はなぜか、決まって大雨が降る。火事を免れても屋根が抜け落ちたり、傾いていたら、家財道具などは水浸しになる。せめて家財道具だけでも運び出してほしい。

 もう少し若ければ、すっ飛んで行って手伝うことも出来るが、今の私では足手まとい、邪魔になるだけだ。全国の若者たちよ、ボランティアの応援を頼む。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック