「日本中に野党統一候補が広がる」!!

▼安倍政権を倒すか、こっちがやられるかー
 安倍政権を倒すか、こっちがやられるかー。天下分け目の決戦、衆院北海道5区の補欠選挙が今日12日、告示した。決戦の火ぶたが切られたー。

 北海道5区(札幌市厚別区、江別市、千歳市、恵庭市、北広島市、石狩市、石狩振興局管内)に兄弟や親せき、知り合いがある人は電話やメールして野党候補への応援を頼もう。勝負は僅差。私たちの1票が決め手だ。

 鳥越俊太郎やSEALDsの奥田も応援に駆け付けたと北海道新聞が報じている。あっちが総力戦なら、こっちも負けてはおれない。後れをとってはならない。今回の結果は夏の参院選、さらには戦争法を葬り去れるかどうかがかかっている。

みんなの力で勝利して安倍政権の息の根を止めよう!!

******************

北海道新聞が報じた記事は次の通り。

 衆院道5区(札幌市厚別区、石狩管内)補欠選挙(24日投開票)は12日、告示される。告示前最後の日曜日となった10日、自民党公認の新人で公明党、新党大地などが推薦する和田義明氏(44)、無所属新人で民進、共産、社民、生活の4野党が推薦する池田真紀氏(43)の両陣営に、知名度の高い「応援弁士」が駆け付け、舌戦を繰り広げた。

 和田氏の陣営では、菅義偉官房長官が応援演説を行った。厚別区の街頭で、選挙区内にある新千歳空港などの民営化に意欲を示し、「外国の航空会社が全部乗り入れられる環境を整備する」と強調。

 野党共闘については「共産党の綱領は『日米安保条約破棄』『自衛隊解散』だ。国民の安全を守ることができるのか」と批判した。

 中央区の集会では、新党大地を後援する歌手松山千春氏が「この中にも自民党政権に不満がある方がいると思う。その気持ちを和田君にぶつけて」と訴えた。和田氏は「力強い経済があってはじめて福祉に再分配できる」と呼び掛けた。

 池田氏の陣営は、千歳市で大規模集会を開き、ジャーナリスト鳥越俊太郎氏、安全保障関連法に反対する若者グループ「SEALDs(シールズ)」の奥田愛基(あき)氏らが参加した。

 鳥越氏は「野党は『反安倍』で一致し、手を結び戦うべきだ。安倍政権は日本を壊し、戦争に巻き込ませる」と主張。「池田氏が勝つことで日本中に野党統一候補が広がる」と呼び掛けた。

 奥田氏は「選挙の主役は僕たちだ。市民が一つになれば政治は変えられる」と強調。池田氏は「私は自衛官の命を守りたい。大変厳しい戦いだが、市民の力を信じている」と訴えた。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

面白い
ナイス

この記事へのコメント

ショコラ
2016年04月12日 10:58
憲法を改悪し、日本を戦争に巻き込もうとする安倍政権に反対する人達の力を結集すれば、必ず今の流れは止められます。私は北海道の従兄弟と昨夜長い時間話しました。党の方針を検討して、どこの言っていることがブレが無いか、変節していないかを話し合いました。とても意義深い話で、従兄弟は明確に決心がついたようです。

この記事へのトラックバック