北海道5区の補選は与党が勝利  安倍自民に追い風

▼野党共闘に暗雲の恐れ
 北海道5区補選、「自民新人・和田義明氏が当選確実」、と午後10時過ぎ、北海道新聞が速報した。NHK、朝日新聞も和田当確を流した。

 今朝のニュースでは、大勢が判明するのは「今夜遅く」とNHKは言った。早まったのは、出口調査で予想以上に与野党候補に差がついていたからだろう。

 夜7時のNHKニュースで、午後4時現在の推定投票率が前回、2014年衆院選より1・89ポイント低い28・27%と聞いた時、「池田真紀の当選は難しいな」と感じた。

 投票率が高ければ、無党派層が投票所に足を運び、事前調査で圧倒的に支持を得ていた野党に有利に作用する。低ければ、企業ぐるみの選挙をやる自民党、創価学会をバックに持つ公明党と、組織力がある方が有利だ。

 この結果は重い。与党は勢いづき、安倍首相は再び衆参同時選に意欲を示そう。参院選も与党の圧勝だろう。私たちにとっては、最悪のシナリオだ。

 反対に野党は共闘にヒビが入る恐れがある。共闘しても勝てなかった。民進党内の反共産党勢力が共闘に異論を唱え、執行部批判が高まろう。いずれにしても、最悪の結果となった。

この責任は誰にあるのか? ひとりひとりが冷静に考えると、答えはおのずと見えてくる。  (午後10時37分記)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック