今日、明日、あさっての3日間が勝負だ!!

▼北海道からフェイスブックの同志が必死の訴え!
 川原茂雄さんが北海道から必死の呼びかけを行っている。衆院補選は与野党候補が厳しい競り合いを続けている。結果が夏の参院選、ひいては政権が存続できるかどうかに直結するため、自民・公明の両党は必至だ。

 自民党は企業ぐるみの戦いだ。創価学会の動きがすさまじい。人海戦術で攻勢をかけている。24日の投票日まで時間がない。安倍政権が勝てば大変な世の中が待っている。野党の人手が足りないところは私たち市民がカバーしよう。

 原発再稼働の是非がかかっている。戦争法の廃案がかかっている。沖縄・辺野古がかかっている。私たち市民にとっても総力戦の戦いだ。

 現在は与野党互角の戦い。今日、明日、あさっての3日間が勝負だ。これですべてが決まる。この投稿を見ているあなた。あなたにもできることがある。北海道の親戚、知人に電話をかけてほしい。24日の開票ではともに勝利の美酒に浸ろう。

*****************
川原さんの訴えだ。(原文のまま)

 市民の力で日本の政治が変わる日まで、あと4日です。
各マスコミの世論調査の結果が報道され、横一線とか、ほぼ互角とか、言われていますが、客観的に分析すると、若干ですが、まだ負けています。

 しかし、もう少しで追い越せるところまできています。あと4日間で十分に逆転できる僅差です。ほんとうに大接戦大激戦となっています。だからこそこの選挙は勝たないとならないのです。

 この大接戦を制するのは、最後の一票、一票の積み重ねです。どうか、5区に住む知人、友人を探して声をかけてください。

 どうかどうか、最後の最後まで声かけを続けてください。
私たちにはたくさんの仲間がいます。仲間のチカラを信じて、声かけを続けましょう!

 市民運動型選挙は、最後の三日間で”動く”と言われています。
滋賀県の嘉田知事の選挙が証明しています。
最後の三日間(木・金・土)で浮動票が動きます。
誰一人置いてきぼりにしない社会の実現のために、この3日間が正念場です。北海道から日本の政治の流れを変革しましょう!

 そのキーポイントは、二つです
一つ目は、投票率を上げるための活動(電話かけ・声かけ)をすること。
二つ目は大票田の札幌市厚別区での活動をさらに押し上げること。
ここで逆転しないと合計で逆転できません。

 この二つを実現するために、最後の三日間、みなさんのお力を発揮してください。可能な方は街に出てください。電話がけしてください。市民の風・北海道に連絡して、効果的な役割分担をしてください。みんなのチカラを一つに集中してください。

(市民の風・北海道の連絡先)
メール 1-siminmado@freeml.com

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック