首相、現実を見てますか? 「自画自賛」と「大言壮語」のてんこ盛り

▼ちまたではもっぱら「実感がない」
 「自画自賛」と「大言壮語」のてんこ盛り? 安倍首相、現実を見てますか? 毎日新聞の江畑佳明が胸のすくような記事を書いている。私も以前から安倍晋三が唱える政治は中身がないスローガン政治と批判しているが、「みんな同じ思いだ」と改めて確信した。

 江畑記者の記事を抜粋して紹介する。

*******************

 「自画自賛」と「大言壮語」のてんこ盛り? 最近の安倍晋三首相の経済政策を巡る発言である。アベノミクスの成果をことさらに強調し、「1億総活躍社会」実現の緊急対策でも、ギョッとさせるような目標数値が並ぶ。「安保」から「経済」へのシフトチェンジをアピールしたいのかもしれないが、一国の首相の「国民への約束」とは、かくのごときものでよいのか。

 「1億総活躍社会」実現に向けた緊急対策が発表された際、安倍首相はこう述べた。「『三本の矢』の政策によって経済を成長させ、(略)経済の好循環を作り出すことができた」

 ん? ちまたでは「実感がない」との声がもっぱらのようだが……。さらに安倍首相は「『1億総活躍社会』が実現できれば、安心感が醸成され、将来の見通しが確かになり、消費の底上げ、投資の拡大にもつながる」。本当にそんなにうまくいくの? と突っ込みたくなる。

 極めつきは、自民党立党60年記念式典だ。「(安倍政権発足以降の)3年間、マイナスからプラスへ、あきらめから希望へ、日本を大きく変えることができた。やればできる!」。気合で景気は上向くと言いたいのだろうか。

 「首相が焦りを感じている証拠ではないか」と推し量るのは、「安倍晋三の力量」などの著書があるノンフィクション作家の塩田潮だ。

 「アベノミクスが当初の目標通り進んでいないのは明らか。『国内総生産(GDP)実質2%、名目3%の成長』を打ち出したが、その気配が見えてこない。さらにインフレ目標2%も先延ばしにされている。『新三本の矢』や今回の緊急対策といった新政策を打ち出し、『経済の安倍』で国民の期待をつなぎ留めて政権を維持したいと計算し、あえて大言壮語の勇ましい態度で臨んでいるのでは」と言うのだ。

 その緊急対策。賃金増や低所得の年金受給者へ3万円支給など個人消費の拡大を促し子育てや介護の基盤強化を図る。

 ところが、新聞各社の社説は「道筋も財源も不透明」(日経)といった具合に軒並み手厳しい。安保法制審議で政府支持の産経でさえ「実現可能性を考えると、いささか乱暴な印象が拭えない」と疑問を投げかけた。

 さらに「財務省は来年度予算で社会保障費の伸びを1700億円抑制する方針」。なのに、「緊急対策による予算の上乗せに動くのでは、アクセルとブレーキを同時に踏むようなもの」と指摘した。

 「とても経済政策と呼べるものではない」と一刀両断するのは、東京大名誉教授の武田晴人だ。「目標値と支出項目ばかりを並べているだけで、財源の裏打ちがない。『経済成長すれば財源は増える』との考えかもしれないが、楽観が過ぎる。目標に至る道筋を示すべきだ」

 続けて、「例えば国民は『賃上げしてやるから消費に回せ』と言われても、将来の社会保障に不安がある以上、貯蓄に走る傾向は変えられない。企業も同じ。不安が消えないから設備投資や人件費を抑え、内部留保をため込む。法人税を下げれば設備投資が増え、経済がうまく回ると考えるのは、現実を直視していない」 。

 記事はまだまだ続くが、今回はこの辺りで区切っておく。

*******************
特集ワイド:「1億総活躍」自画自賛するが... 首相、現実を見てますか 」の
記事を書いた江畑記者を励まそう。

こうして頑張る記者にとって、私たちからの励ましがどれほど力になることか。
きっと彼らは「自分には応援団がいる」と思うと、奮い立つはずだ。  電話は03-3212-0321



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 8

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 「改憲果たした首相」-歴史に名を刻みたい安倍晋三

    Excerpt: ▼経済で国民の目引き付け  3月22日に当ブログに搭載した「首相、現実を見てますか?」が大変好評だった。私が書いたのではなく、毎日新聞の江畑佳明記者が健筆をふるった記事。それを私が転載しただけ。長文.. Weblog: 半歩前へ racked: 2016-03-24 23:48