清原狂騒劇に市民は騙されてはならない

▼陰でほくそ笑む口利き疑惑の甘利明
 昨日(17日)夜のあのバカ騒ぎは何だ。天地が割れたか? 空から小判が降って来たのか? 覚醒剤所持の清原和博が保釈されたと言ってマスコミが警視庁前に殺到した。

 スポーツマスコミに芸能マスコミ。そこに社会部までが加わって押すな押すなの人だかり。取材陣の数は約500人とデイリースポーツは伝えた。

 釈放の瞬間を伝えるべくNHKをはじめ民放はテレビ東京を除く全局が警視庁前からナマ中継。上空にはテレビ局のヘリ6機がけたたましい音を立てて舞った。

 警視庁も心得たものでPR効果を狙って夕方のニュースが集中する時間に彼を釈放した。この陰で「甘利明の金銭授受疑惑」は、大衆に忘れ去られようとしている。

 問題のすり替え。解決すべき「政治とカネ」の闇・・・。すべて当局の筋書き通りだ。市民は騙されてはならない。

詳細は田中龍作のレポートで。ここをクリック
http://tanakaryusaku.jp/

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック