詐欺師内閣、安倍政権に鉄槌を食わせよう!

▼野党の福祉改善法案を踏みにじった自民党
 安倍内閣はひどいことをするものだ。野党が提出した介護職員の処遇改善法案を16日、自公などの反対多数で否決した。彼らは反対討論にも立たず、厚労相の塩崎恭久に至っては、何の理由も示さずただ、「政府は反対だ」と言うだけで野党の法案を踏みにじった。

 安倍政権は「介護離職ゼロ」を目指すと高らかに宣言した。あれは何だったのか? ただ、「言ってみたかった」だけなのか? 詐欺師内閣だ。

 介護・福祉就労者の賃金は全産業平均より月額約10万円も低い。20万円そこそこでは暮らしていけない。いくら志が高くても、生活できなければ辞めざるを得ない。

 このように、介護現場の深刻な人材不足は、待遇の悪さに起因している。ここを改善しない限り、人手不足の解消にはつながらない。高齢化の進行で人材確保は喫緊の課題だ。

 厚労省はこのままでは2025年度に約38万人不足すると推計している。介護・福祉従事者の処遇改善は党派を超えて取り組むべきではないのか?

 公明党はかつて福祉を重視する福祉の党と言ったことがあった。どこが重視だ? 看板に偽りあり。こうしたウソと不誠実な自民・公明両党の実態を、介護現場の人々に知らせよう。

 参院選は目の前だ。みんなの力を結集して、選挙で鉄槌を食らわせよう。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック