特捜部はどこへ消えた? 甘利明をなぜやらない? 2

▼政権側が捜査してほしくない
 「まさに絵に描いたようなあっせん利得」――。甘利明・前経済再生相をめぐるUR(都市再生機構)への“口利きワイロ疑惑”で、発覚当初からこう指摘した弁護士の郷原伸郎。甘利問題はどう映っているのか。

 おそらく検察は、政権側が「政治的影響があるから捜査してほしくない」と考えているのではないか、と忖度しているのだろう。

 自民党一極集中の政治権力の下で、「官邸の意向に反することはしたくない」、と考えているかもしれない。特捜部は検事個々の考えで動く組織ではない。特捜部長、地検幹部、検察幹部がどう考えているかだ。


 02~03年に長崎地検次席検事として自民党長崎県連の裏献金事件の捜査を指揮した。法務省や最高検などから強烈なプレッシャーがあった。容疑者の身柄を取ることに対し、ゴーサインが出なかったり、些細なことに目を付けて当時の地検幹部の処分をチラつかせたり。

 しかし、当時の検事正が踏ん張ってくれた。今回の甘利問題も特捜部長、地検幹部がどこまで腹をくくれるのか、ということだ。

 甘利が調査を依頼した第三者委員会の「特捜部出身の弁護士」も雲隠れしたまま。 第三者調査はふつう、依頼者本人(甘利)と会って調査の趣旨や目的、範囲などを確認しながら進める。

 会わないというのは不思議だ。弁護士は一体、誰から調査を依頼され、誰と打ち合わせを行ったのか。あり得ない調査方法だ。

 これほどの事件をやらないと、「検察は何のためにあるのか」、という話になる。国民不信は強まるばかりだ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 特捜部はどこへ消えた 甘利明をなぜやらない?

    Excerpt: ▼検察は政治的に動く組織  特捜部はどこへ消えた? それともみんなで居眠りしているのか? 甘利明の金銭授受問題はどうなった? 正義の味方を装っているが検察はどこよりも「政治的に動く組織」と以前から言.. Weblog: 半歩前へ racked: 2016-03-16 00:29