世論が盛り上がれば野党は動く

▼なぜ任命権者の「安倍さんをもっと追及しないの?」 2
 マスコミは今更説明する必要がない。新聞経営は主に広告と読者の購読料で賄っている。活字離れで読者は減る一方。

 頼りは広告料だが大半を電通が支配。その電通は自民党とはラブラブの関係だ。新聞が言いたいことを言うと、広告にもろに響くと言う仕掛けだ。

 テレビ、ラジオは許認可事業。許認可権を一手に握っているのが総務省。これでオカミに逆らえるだろうか? 今度の高市発言もこの辺りを承知しての発言だ。権力をかさに着たあの女の傲慢ぶりは腹立たしい。

 最後は世論。これも線香花火といっしょで最初はワアワア騒ぐが、それでおしまい。私たち一人ひとりが、理不尽なことに声を上げないと世間は変わらない。黙っていては何も変わらない。

 世論が盛り上がれば、少数野党とはいえ、山本太郎のような本気度の政治家が増えてくる。野党をやる気にさせるには、私たちが立ち上がらないとダメだ。何をやるべきかについては、繰り返し何度も訴えてきた。

 フェイスブックのコメントを見ているとよくわかる。何度、呼びかけても「カエルの面に小便」だ。日本の民主主義はこんなものか、と時々、嫌になることがある。もう、投稿はやめよう、と思うことが一度や二度ではない。

 そんな時、今回のような声が届くと、「弱気になるな」と背中を押された気になる。が、いつまで続くか自信がない。気持ちが萎えたらそこでオシマイ。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • なぜ任命権者の安倍さんをもっと追及しないの? 1

    Excerpt: ▼高市や丸山を大臣にしたのは安倍晋三だ  「私は高市大臣の言動統制を進めようとする答弁と、丸山大臣の原子力汚染に対する無知と、その両方を容認し続ける安倍さんを、もっと国会で追及してもらいたい。ここを.. Weblog: 半歩前へ racked: 2016-02-11 12:57