閣僚スキャンダルで攻めまくれ!!

▼まずは「パン泥」の高木から
 まだ復興相を続ける高木毅(衆院福井2区)の「パンティー泥棒疑惑」が再燃。元捜査関係者が「事実は事実」と証言したという。地元紙「日刊県民福井」の取材に応えた。私は新年早々、野党は「パンティー泥」の追及も忘れるなと訴えた。(詳しくはここをクリックhttp://26663082.at.webry.info/201601/article_44.html

 高木は逃げ回っているようだが、この報道の余波は永田町にも広がっている。第1次安倍内閣は相次ぐ閣僚スキャンダルが命取りとなって内閣は崩壊した。野党よ、ここが頑張りどころだ。チャンスを生かせ。全力で体当たりしてもらいたい。

 ただ、警戒しなくてはならないのは、自民党の刃である。彼らの常とう手段はこれだ。野党のスキャンダルを持ち出し、「どっちもどっち」と世間を呆れさせ、「相殺」する手口。

 連中は、日ごろから手懐けた記者や警察の公安、さらには永田町周辺をうろつくブラックジャーナルを動員して、常に野党の不祥事を嗅ぎまわっている。そうして知り得たネタはすぐには出さず、ここ一番、と言う場面で週刊誌やテレビのワイドショーにリークする。

 野党の諸君、カネと男女関係には要注意!

 元捜査関係者の「事実は事実」はここをクリック
http://news.goo.ne.jp/article/fuji/politics/fuji-plt1601140002.html

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック