原発利権に群がる輩 1

▼再稼働推進の安倍政権
 あの、原子力ムラの輩がまたぞろ蠢き出した。巨大地震が首都圏を襲う可能性が高いと言われる中、安倍政府は原発の再稼働を進める考えだ。「福島」を忘れたのか。原発の水素爆発がなければ、東北の復興はもっと進んだハズだ。あの爆発が福島だけでなく、宮城や岩手、青森などすべての被災地の再建の足を引っ張っている。

 地元住民に微塵の非もない。それなのに、いまだに苦しんでいる。多くの人が仮設での生活を強いられている。「日本は世界一の原発技術と安全基準を持っている。コストも安い」と言って国民を欺き、原発「利権」の甘い汁を吸ったのは誰だ。地元に交付金と言うエサをばら撒き、善良な住民を食い物にしたのは一体、どこのどいつだ。

▼原発に巣食う御用学者
 国民はみんな知っている。アリが蜂蜜にたかるように、原発「利権」に群がったのは電力会社を先頭に政治屋、建設にかかわるゼネコンをはじめとした業者、地域のボスたち。それに原子力ムラに巣食う御用学者だ。

 とりわけ悪質なのが震災直後も、「炉心溶融(メルトダウン)はありえない」と平気で口から出まかせを言って、東電を擁護し続けた関村直人ら東大教授の輩だ。「安心安全心配なし」と言った諸葛宗男をはじめ、元総長の小宮山宏や小佐古敏荘、前川和彦、岡本孝司らである。

▼電力会社の使い走り
 チョビひげを生やした岡本はNHKのお気に入りで始終、テレビに出て「安全だ、大丈夫だ。メルトダウンは起きない」と盛んにまくしたてていた。その数時間後、水素爆発が起きた。自らバカさ加減を証明して見せた男だ。それ以来、テレビに登場しなくなった。


 自称、原子力専門家の彼らは電力会社に可愛がってもらわないと原子力の仕事が出来ない。電力会社に嫌われたらオマンマ食い上げになる。当然、推進派として率先して旗振り役を務める。  以下次号に続く。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 9

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック